【日本ハム】斎藤佑樹「仲間との日々」一番大事に 甲子園Vは「3年間の一部」3年生高校球児にエール

力投する早実・斎藤佑樹
力投する早実・斎藤佑樹

 日本ハムの斎藤佑樹投手(31)が21日、3年生の高校球児へメッセージを送った。鎌ケ谷の2軍施設でグループ練習後、オンラインで取材対応。06年夏に早実を優勝に導いた右腕は「現役の高校球児の気持ちになると、本当につらいでしょうし…。高野連の方々も、こういう決断をしたことはつらかったでしょうし」と心中を推し量った。

 14年前、田中将大(現ヤンキース)擁する駒大苫小牧と決勝引き分け再試合の激戦を経て夏制覇。「ハンカチ王子フィーバー」を巻き起こした後、早大を経てプロ入りした。甲子園の力を誰よりも知るからこそ、球児に伝えたい。「今の僕があるのも甲子園に出て優勝できたおかげと思っていますが、やっぱり高校3年間の思い出を考えると、そこは一部に過ぎなくて。仲間と3年間過ごした日々が一つ一つ思い出ですし、それを引いて甲子園で優勝っていうのは僕にはあり得ないことです」

 同期とは今も仲が良く、最近も後輩球児のために何かできないかをオンライン会議で話し合った。結論は出なかったが、思いは頭の中で整理された。「次に進むために、今の気持ちを一生大事にしてほしいと思います。この思いを後輩たちに伝えていく使命もあると思います。アマチュアスポーツ、高校野球を盛り上げていく使命がまた出てきた。それをぜひお願いしたいです」。積み上げた財産を握りしめ、前を向いてほしいと願っている。(秦 雄太郎)

 ◆斎藤と甲子園 早実のエースとして06年春のセンバツ8強。連続出場した夏は駒大苫小牧との決勝で延長15回引き分けの末、再試合も完投。全7試合先発で1大会最多の948球を投げ抜き、初優勝に導いた。大会通算78奪三振は歴代2位。春夏合わせても歴代2位の104奪三振をマークした。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請