渋野日向子、来季米挑戦「いばらの道」…米ツアー予選会中止で5大メジャーなどで勝つしかない

来季の米ツアー挑戦への道が厳しくなった渋野日向子
来季の米ツアー挑戦への道が厳しくなった渋野日向子

 米女子プロゴルフ協会(LPGA)は20日、新型コロナウイルスの感染拡大でツアー大会の中止や延期が続いているため、選手の今季出場資格を来季に持ち越すと発表した。これに伴い、来季ツアーの出場資格を争う予選会は行わないことも決定。12月の最終予選会を経て、来季の米女子ツアーを目指す意向を表明していた渋野日向子(21)=サントリー=が来季、ツアーメンバーとなるには、5大メジャーなど今季残りの米出場試合で優勝するしかなくなった。

 “スマイル・シンデレラ”の米ツアー挑戦への道に、新型コロナが暗い影を落とした。LPGAのマイク・ワン会長は、渋野も参加予定だった予選会の中止について「とても重要な問題で厳しい決断だったが、現状ではベストな選択」と説明した。

 渋野は昨年8月のメジャー、AIG全英女子オープン優勝で米ツアーの会員資格を得られる立場だったが、年間10試合の出場義務や東京五輪なども考慮し、期限内の権利行使を見送り。今年は日本ツアーに主戦場を置くことを決めた。米ツアーについては、受験資格のあった今年12月の最終予選会を経て、21年からの挑戦を公言。しかし、この日のLPGAの決定を受けて、この予選会ルートは消滅した。さらに、来季への出場資格持ち越しにより、渋野が今季スポット参戦を予定する試合で賞金ランク40位(昨季は51万7412ドル)相当となり、来季出場権を獲得する可能性も消えた。渋野のマネジメント会社は21日、「スケジュールを再考する」と話した。

 渋野の来季米ツアー参戦へ残された道はかなり厳しい。11月の日米ツアー共催のTOTOジャパンクラシックか5大メジャーなど、今季残る米ツアー出場試合で勝つしかなくなった。海外遠征は現状では2週間の隔離など渡航制限もあり、万全で挑めるかどうか。さらに日本ツアーの日程も考慮し、難しい挑戦を強いられることとなった。

  • 渋野の来季ツアーの道

    渋野の来季ツアーの道

 来年に延期された東京五輪日本代表争いへの影響も予想される。来季も日本ツアーを主戦場とした場合は、世界ランク上位を維持するためには毎試合、優勝に近い好成績が求められる。青木翔コーチや米ツアー経験の豊富な斎藤大介トレーナーらと、じっくりと話し合って今後のロードマップを決めるとみられる。

 ◆21年東京五輪への道 男子は21年6月21日時点、女子は同28日時点の世界ランクを基準に算定する五輪ポイント上位60人が出場権を得る。〈1〉15位以内は各国・地域で最大4人〈2〉16位以下は〈1〉の有資格者を含み最大2人が出られる。21年東京五輪の正式日程&会場は未発表だが、20年時と同じであれば女子は8月に4日間、埼玉・霞ケ関CC東Cで72ホールストロークプレーの個人戦で競う。16年リオ五輪で初出場した日本勢は女子は野村敏京が4位、大山志保が42位だった。

来季の米ツアー挑戦への道が厳しくなった渋野日向子
渋野の来季ツアーの道
すべての写真を見る 2枚

ゴルフ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請