ボートレース住之江【SGオールスターまであと4日】ファン投票で出場選手を決定

昨年覇者の吉川。クラシックに続いて、連覇がかかる
昨年覇者の吉川。クラシックに続いて、連覇がかかる

■オールスターとは

 ボートレースオールスターは、ファン投票によって主に出場選手が決められるSG。優勝賞金は昨年大会から増額されて3900万円。今年の開催地は13年ぶり17回目となる住之江。新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から無観客で行われるが、大会初となるナイター開催で注目される。

 昨年の優勝者で、直前SGのクラシックを連覇した吉川元浩、昨年のグランプリ優出者(石野貴之、桐生順平、白井英治、瓜生正義、毒島誠、吉川)と、ファン投票1位の峰竜太ら上位者に、出場選手選考委員会に推薦された3選手(篠崎仁志、上田龍星、中田竜太)を加えた52人が出場する。女子は香川素子がSG初出場。ファン投票2位の大山千広ら、昨年と同数の8人が出場する。

 住之江はコンクリートの護岸に囲まれたプール型水面。水質は硬めの淡水。面積や1Mの広さなどは、全国のボートレース場の平均に近い。2Mに引き波が残りやすいという特徴があり、ボートが暴れて逆転劇も多い。最近1年(19年5月~20年4月)の1コースの1着率は60・2%で、全国平均(55・6%)を上回り、全国24場の中では5番目にインが強い。

 現在のエンジンは今年3月8日初日の節から使用され、オールスターは8節目に当たる。前節終了時で、優出5回、優勝3回の83号機がエース機候補。2節連続で優出中の59号機、前節に笠原亮(静岡)が優勝を飾った20号機、松井繁が初おろしで優勝した53号機、50、37号機が上位6機にランクインしている。

(平田 裕二)

ギャンブル

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請