チェルシーMFカンテ、新型コロナの感染リスク恐れてチーム練習を欠席

 イングランド1部・チェルシーのフランス代表MFエンゴロ・カンテ(29)が、新型コロナウイルス感染への懸念から20日に行われたチーム練習を欠席した。同日のテレグラフ紙など複数の英メディアが報じた。

 3月から中断している同国リーグは6月中旬の再開に向け、今月19日から各クラブがチーム活動を再始動させている。

 同紙によると、カンテは再開初日の19日にウイルス検査で陰性だったため、チーム練習に参加。だが、世界的に大流行している新型コロナの感染リスクに懸念を抱き、20日の練習はフランク・ランパード監督やクラブの同意を得た上で欠席した。

 カンテは11歳の時に父親を亡くし、18年のロシアW杯前に兄を心臓発作で亡くしている。自身は同年の練習中に気絶した経験があり、健康面で不安を抱えていたことから今回の練習不参加を決断したとみられる。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請