日本外国特派員協会の“コロナ・エンブレム”撤回に会員から異論噴出「風刺やパロディーは芸術」

五輪エンブレムと新型コロナウイルスのイメージを掛け合わせたデザイン(AP)
五輪エンブレムと新型コロナウイルスのイメージを掛け合わせたデザイン(AP)

 日本外国特派員協会(FCCJ)の月刊誌に五輪エンブレムと新型コロナウイルスのイメージを掛け合わせたデザインが掲載された問題で、FCCJのカルドン・アズハリ会長が21日、オンライン会見を開き、このエンブレムを撤回すると表明した。

 撤回は理事会が「著作権上の問題」として決定したもので、一部の会員からは異論も噴出。「合意できない。風刺やパロディーは芸術である」「米国や英国では問題にならない」など、「表現の自由」の観点から、納得しかねる声も相次いだ。

 また、問題となっているのは4月号で、既に5月号も発行されている。アズハリ会長も、組織委が今月になって撤回要求してきたことに関し「驚いた。なぜこのタイミングか確認したい」と話した。

 問題となったのは新型コロナを特集した同協会の月刊誌「NUMBER 1 SHIMBUN」の4月号。表紙のデザインは野老(ところ)朝雄さんが手掛けた市松模様を円形に並べたエンブレムに、ウイルスの形を織り交ぜ、その下に新型コロナウイルスを意味する「COVID―19」と記していた。東京五輪組織委がFCCJに対して撤回を要求していた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請