北翔海莉が第1子妊娠…藤山扇治郎、祖父・藤山寛美さん没後30年の節目でパパに

第1子が誕生する藤山扇治郎、北翔海莉夫妻(18年5月)
第1子が誕生する藤山扇治郎、北翔海莉夫妻(18年5月)

 昭和の喜劇王、藤山寛美さん(1990年死去、享年60)の孫で、女優・藤山直美(61)の甥にあたる松竹新喜劇の藤山扇治郎(33)と元宝塚トップスター、北翔海莉(39)夫妻に第1子が誕生することが20日、分かった。

 舞台共演をきっかけに2018年11月に結婚した2人。舞台関係者は「安定期に入り、おなかも目立ち始めるため、お世話になっている人には報告を始めているようです」と明かした。今秋にもパパ、ママになる予定だ。夫婦はともに子供好きなだけに授かった命に喜びを感じているが、新型コロナウイルスの影響で時期が時期でもあり、静かに過ごしているという。

 2人は結婚時、異色のカップルといわれた。北翔はもともと松竹新喜劇の大ファン。扇治郎との出会いを「会うべき人に会う、ご縁があったと感じています」と話していた。料理が得意で、宝塚時代は後輩に手料理を振る舞うことも。扇治郎も「彼女の心の奇麗さ、温かな優しさに心奪われた」といい「繊細な感情の持ち主の彼女を一生かけて守りたいと思いました」とぞっこんだった。6歳上の姉さん女房だが、夫婦仲もすこぶる順調だったという。

 特に今年は寛美さんの没後30年の節目の年。秋以降に京都や東京などでの特別公演を控える。父親になる扇治郎にはさらなる成長が期待される。天国の寛美さんも喜んでいることだろう。

 ◆藤山 扇治郎(ふじやま・せんじろう)1987年1月21日、京都府生まれ。33歳。93年8月、6歳の時に歌舞伎座「怪談乳房榎」で初舞台。2013年11月、大阪松竹座「お祭り提灯」で松竹新喜劇に正式入団。「新・親バカ子バカ」(17年)、「人生双六」(18年)で祖父の当たり役に挑戦。NHK連続テレビ小説「まんぷく」では主人公に缶詰を渡し続ける同僚・野呂役を演じた。

 ◆北翔 海莉(ほくしょう・かいり)1981年3月19日生まれ。39歳。千葉県松戸市出身。98年3月「シトラスの風」で初舞台。84期生。月組配属後、宙組、専科を経て、2015年5月星組トップスターに。就任までに要した17年2か月は大空祐飛(宙組)の最長17年4か月に続き2番目の記録に。16年に退団した。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請