プロ注目強肩捕手の磐田東・二俣翔一「1%の可能性を信じていた。悔しい」甲子園中止に肩落とす

ティーバッティングに汗を流す磐田東・二俣
ティーバッティングに汗を流す磐田東・二俣

 強肩捕手としてプロが注目する磐田東(静岡)の二俣翔一(3年)は「1%の可能性を信じていた。悔しい」と肩を落とした。

 18日から1時間と制限付きの自主トレが学校から許可され、この日もティー打撃に汗。課題を持ってバットを振り込んだ。小学生の頃からの目標だった甲子園が消えたが、下は向かない。「夏の県大会が行われるとしたら、全員で1位を取りに行きます」と闘志を新たにした。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請