馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  東京 京都

【日本ダービー】無敗2冠狙うコントレイル鋭い反応 矢作調教師「何も言うことはない」福永騎手も手応え

コントレイル(右)は福永の指示に鋭く反応して先着
コントレイル(右)は福永の指示に鋭く反応して先着

◆日本ダービー1週前追い切り(20日・栗東トレセン) 

 日本ダービー・G1(31日、東京)でホープフルS、皐月賞に続くG1・3連勝を狙うコントレイル(牡3歳、栗東・矢作厩舎)が20日、栗東・CWコースで1週前追い切り。力強い動きで古馬相手に追走先着し、順調な調整ぶりを感じさせた。

 主戦の福永が手綱を執り、ステイフーリッシュ(5歳オープン)を内から4馬身半追走。序盤から折り合いはスムーズ。直線で福永が手綱を動かすと俊敏な反応を見せ、食い下がる僚馬に半馬身先着し、6ハロン80秒2―12秒4をマークした。「予定したよりも時計は速くなったけど、無理しているわけではなかった。馬もケロッとしていた。上がってきている感じはあったし、しっかりしていましたね」と、福永は愛馬への信頼を口にする。

 前走の皐月賞は勝負どころで馬群の大外を回り、決して楽ではなかった。それでも最後まで脚いろは鈍らず、サリオスをねじ伏せるように半馬身先着。着差以上の“強さ”だった。中間もいつも通り短期放牧を挟み、6日に帰厩後は予定通り調整を進めている。「何も言うことはない。使うたびに、色々な不安が少なくなってきています」と成長を感じ取る矢作調教師。父ディープインパクト以来となる15年ぶりの無敗2冠へ、盤石の態勢を整えていく。(山本 武志)

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請