夏の甲子園の79年ぶり3度目の中止が理事会で正式決定 史上初の春夏連続中止までの経過

甲子園球場
甲子園球場

 日本高野連と朝日新聞社は20日、8月10日に開幕予定だった第102回全国高校野球選手権大会の第2回運営委員会をオンラインで開き、新型コロナウイルス感染拡大のため中止を決定した。引き続き行われた理事会で正式に決まった。

 夏の甲子園の中止は戦後初。米騒動の1918年、戦局が深刻化した41年に次いで79年ぶり3度目。戦争での中断(42年春から46年春)を除けば、春夏連続の中止は史上初となった。

 ◇夏の甲子園大会開催を巡る経緯

 ▽3月11日 センバツ大会の中止が決定

 ▽25日 日本高野連が「5月末には何らかの方向性は出さないと」との考えを示す。春季沖縄県大会が無観客で開幕。3球場で3試合が行われる

 ▽4月7日 政府が東京など7都府県に緊急事態宣言を発令

 ▽15日 日本高野連が22日に予定していた第2回運営委員会を5月20日に延期すると発表

 ▽16日 政府が緊急事態宣言の対象地域を全都道府県に拡大

 ▽20日 青森県高野連が春季大会の中止を発表。準々決勝後に打ち切った沖縄県を含めて、47都道府県の春季大会と全国9地区の春季大会が全て中止に

 ▽25日 愛媛県高野連が、新型コロナウイルスの影響で弓削商船高専が夏の県大会の出場を辞退したことを表明

 ▽26日 全国高校総体の中止が決定

 ▽28日 日本高野連が、夏の甲子園を史上初の無観客で開催することを検討していることが明らかに。全国中学校体育大会の中止が決定

 ▽5月4日 緊急事態宣言が31日まで延長

 ▽6日 山口県高野連が全国49大会で初めて夏の県大会を無観客で行うことを決定

 ▽12日 8月12日に開幕予定だった全日本大学野球選手権の中止が決定。沖縄県高野連は夏の沖縄大会開幕を6月20日から7月以降に延期することを決定。神奈川県高野連は6月6日の組み合わせ抽選会を中止し、主催者による代理抽選にすると発表

 ▽13日 東京都高野連が夏の東西東京大会開幕を7月4日から11日に延期し、開会式を中止すると発表。6月20日の組み合わせ抽選会も同27日に延期し、代理抽選に変更

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請