陸上100メートル五輪代表のスプリンターらが“先生”に 陸上競技の部活生向けのオンラインクラブが開設へ

「CORD TRACK AND FIELD CLUB」ではオンライン上でトレーニング情報の配信などを行う
「CORD TRACK AND FIELD CLUB」ではオンライン上でトレーニング情報の配信などを行う

 株式会社MINT TOKYOは20日、陸上競技のトップ選手や指導者が、オンライン上でトレーニング情報の配信などを行うクラブ「CORD TRACK AND FIELD CLUB」を開設すると発表した。

 6月1日からサービスが始まり、中高生の競技者と指導者への情報発信の他、交流会なども行う予定。学校の環境などの理由で、十分にトレーニングを積めない部活生が、情報や知識を「いつでも」「どこでも」手にすることができることを目的に掲げている。現在は新型コロナウイルスの影響で部活動自体が中止となっている学校も多く、限られた環境でのトレーニングを後押しする狙いもある。

 第1弾としては、陸上男子100メートルで12年ロンドン五輪代表の江里口匡史氏、男子110メートル障害で17年ロンドン世界陸上代表の増野元太(メイスンワーク)、男子走り幅跳びで8メートル06の自己記録を持つ山川夏輝(東武トップツアーズ)、男子砲丸投げで日本選手権6度制覇の野口安忠氏(福岡大コーチ)らが参加。陸上の各種目を幅広く網羅し、知識を発信していく。

 サービスを利用するための参加料(部費)は、月額500円(税別)。収益は参加選手にも分配され、合宿や遠征など、世界と戦う競技活動資金の問題解決に寄与する意義もある。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請