坂上忍、高知東生氏の復帰で「芸能界は甘い」の意見に疑問…「本当にそうかな。復帰はできたとしても元に戻るのは、ほぼほぼ無理だと思う」

高知東生氏
高知東生氏

 20日放送のフジテレビ系「バイキング」(前11時55分)で、2016年9月に覚せい剤取締法違反(所持)で懲役2年執行猶予4年の判決を受けた元俳優・高知東生氏(55)が11日、自身のツイッターを更新し、俳優復帰を報告したことを報じた。

 高知氏はツイッターで「このドラマにギャンブラー本人役として出演しています」とし、「ギャンブル等依存症問題啓発週間企画 Twitter連続ドラマ『ミセス・ロスト~インタベンショニスト・アヤメ』5月14日(木)21時スタート 毎週火曜・木曜 ギャンブル依存症問題を考える会Twitterにて配信」と告知。自身がギャンブル依存症の患者を演じ、タレントの青木さやか(47)、元AKBの鈴木まりや(29)と共演したドラマの約30秒の予告映像をアップした。

 スタジオで今回の復帰に賛否両論の声が出ていることを紹介した。お笑いコンビ「おぎやはぎ」の小木博明は「需要があるから復帰するわけですし、自分がやりたいからやれるわけじゃないし」とコメントした。

 さらに復帰に「芸能界は甘い」との意見にMCの坂上忍が「本当そうかなと思う。甘いのかな」と示すと小木は「リスクもすごいあるし、むちゃくちゃ厳しい」とし、坂上も「復帰はできたとしても元に戻るのは、ほぼほぼ無理だと思うよ」と指摘していた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請