【日本ハム】稲葉篤紀SCO、野球場の芝改修で北広島市から感謝状

北広島市役所で上野市長(右)から感謝状を授与された稲葉SCO
北広島市役所で上野市長(右)から感謝状を授与された稲葉SCO

 日本ハムの稲葉篤紀スポーツ・コミュニティー・オフィサー(SCO、47)が19日、野球少年少女の成長を願った。北広島市との連携事業の一環で、4月に同市の緑葉公園野球場の外野芝生の再生と内野の一部改修を行った。チームを代表し、同市役所で感謝状を授与された稲葉SCOは「緑葉公園野球場でプレーする子どもたちの中で、将来ファイターズでプレーする子が生まれれば大変うれしく思います」と期待した。

 小学生から社会人までが利用する同球場。18年秋頃に外野の芝生に害虫被害が発生し、コンディション不良が続いていた。この度の改修で芝生を再生し、マウンド、打席に粘土質の土を入れたメジャー仕様の球場に生まれ変わった。稲葉SCOは「今すぐにでも使えるすばらしい球場になった。子どもから大人まで、思いきりプレーができる日が一日も早く来るように願っています」と、新型コロナウイルス感染拡大の収束を祈った。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請