Jリーグ村井満チェアマン、再開したドイツリーグで「サブだった長谷部選手が一般観客席で観戦していて…」

 Jリーグの村井満チェアマンが19日、理事会後のウェブ会見に出席。16日から欧州主要リーグで先陣を切って再開したドイツリーグ(ブンデスリーガ)についてコメントした。

 練習や試合会場の運営など様々な情報を得ているという中で、映像を見て「ここまでしっかりやるかと思ったのは…」と話し、ボルシアMG―フランクフルトでベンチスタートだったMF長谷部誠の名前を挙げた。「サブだった長谷部選手が、5メートル近く離れて、一般観客席で観戦している姿を見せたのが印象的だった」という。

 また、通常、試合中に選手が共有で水分補給をするペットボトルがどのくらい必要かなども理事会で話題になったといい、「例えば、マラソンのようにマイボトルを用意するとか…。ピッチサイドで逆サイドから探しに行くというのは難しい。声を荒げたり、つばを吐いたり、こういうところは戒めないといけないかなという印象だった」と話した。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請