プロ登山家・竹内洋岳さん「8000m峰14座登頂の日」認定を機にデータを公開

プロ登山家・竹内洋岳さんは「8000m峰14座登頂の日」認定を機にデータを公開した
プロ登山家・竹内洋岳さんは「8000m峰14座登頂の日」認定を機にデータを公開した

 世界8000メートル峰全14座の登頂に日本人で唯一成功したプロ登山家の竹内洋岳さん(49)が19日、過去の登頂記録などをまとめた「日本一わかりやすい8000m峰 14座完全データ」を自身の公式ホームページで公開した。

 竹内さんは1995年にマカルー(8463メートル)に登頂して以降、エベレスト(8848メートル)、K2(8611メートル)などに挑み続け、2012年のダウラギリ(8167メートル)の登頂で14座完全登頂を果たした。

 「〇〇の日」などを決める一般社団法人日本記念日協会は今年1月、竹内さんがダウラギリに登頂した5月26日を「竹内洋岳・8000m峰 14座登頂の日」に認定。初めての記念日を迎える前にこれまでの記録を公開することになった。

 竹内さんは記念日登録について「14座全山登頂は、決して新しい記録への挑戦ではなく、日本の登山界がやり残したまま、忘れようとしていた課題でした。私は、それを片付けただけでしかありません。新しい登山の扉を開けたのではなく、開けっぱなしになっていた古い登山の扉を閉めたのです。今回の記念日登録を機会に、さらに、私の手元から離れ、いずれは、山中にひっそりと苔(こけ)むして残された道しるべとし、先に進むひとの踏み跡となり、岩壁に残された朽ちたハーケンとして、頂に向かう人々の手がかりとなることを願っています」とコメントした。

 ホームページでは14座の場所、標高などの基本情報や各山の初登頂者、これまでの登頂者数などを紹介。8000メートル峰の気温、気圧、風の強さなどを図解で解説している。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請