競輪の古性優作選手が地元・岸和田市にフェイスシールド1000個寄付

フェイスシールドを寄付した古性優作選手
フェイスシールドを寄付した古性優作選手

 日本競輪選手会大阪支部の古性優作選手(29)=100期・S級1班=は18日、新型コロナウイルス感染症対策への支援を目的に、フェイスシールド1000個を岸和田市へ寄付した。

 永野耕平市長にフェイスシールドを手渡した古性は「医療の最前線で戦っておられる医師、看護師など、全国の医療従事者の皆様に心より、敬意と感謝を申し上げます。新型コロナウイルス感染症の一日も早い終息をお祈り申し上げます」と語った。

ギャンブル

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請