【2007年5月20日】 ハニカミ王子・石川遼が当時世界最年少記録の15歳でツアー初優勝

2007年5月に当時15歳でツアー初優勝した石川遼。「ハニカミ王子」の表情にはあどけなさが残る
2007年5月に当時15歳でツアー初優勝した石川遼。「ハニカミ王子」の表情にはあどけなさが残る

 2007年5月20日。男子プロゴルフツアー、マンシングウェアKSBカップ最終日(岡山・東児が丘マリンヒルズGC)に日本ゴルフ史に残る大偉業が達成された。

 主催者推薦でツアー初出場のアマチュア・石川遼が、通算12アンダーで初優勝を飾った。15歳245日での優勝は国内男子ツアー記録の20歳225日(セベ・バレステロス=1977年日本オープン)更新はおろか、男女を通じて世界主要ツアーの最年少記録(当時)だった。日本男子のアマチュアVも、80年の中四国オープンの倉本昌弘(当時25歳)以来の快挙だった。

 この年の春、杉並学院高に入学したばかりの石川が、初体験の1日36ホールの長丁場で奇跡を演じた。第1ラウンドが強風で中止となり、第2ラウンドは雷雨で中断。最終日は第1組で午前6時20分にスタートした。首位とは7打差の23位で「初めは知ってる人ばかりで15人ぐらい」の観客は、ホールを追うごとに増えていった。ショットで果敢にピンを狙って攻めて第3ラウンドは69、最終ラウンドは66をマーク。1万811人のギャラリーを前に「こんなに大勢の前でプレーしたのは初めて」と緊張し、自分が首位にいることを知ったのはホールアウト後だった。

 ハイライトは最終ラウンドの216ヤードの17番パー3だ。3アイアンでの第1打をグリーン左のバンカーへ。13番のバーディーでトップに立っていた高校1年生の優勝は、やはり厳しいのか。誰もがそう思ったピンチで、強めに入った30ヤードのバンカーショットは見えない何かに導かれるかのように、ピンに当たってカップイン。スーパーバーディーを決めると、石川ははにかみながら両手を広げて一回転し、大喝采を浴びた。

 2位の宮本勝昌に1打差をつけ、劇的な逆転優勝を成し遂げた。真っ赤なチャンピオンブレザーを着たスーパー高校生は「まだ実感がない」と涙で声を詰まらせた。

 一躍、大フィーバーを巻き起こした。この日の初優勝時、中継局のアナウンサーが石川の笑顔を見て名付けた「ハニカミ王子」で、年末の流行語大賞も受賞した。翌年1月には、約300人の報道陣が集まった会見で「プロ転向」を宣言。16歳3か月の史上最年少ツアープロ(当時)が誕生した。

ゴルフ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請