村田諒太のトランクスが55万円で落札 新型コロナウイルス対策のチャリティーに

2017年10月22日、アッサン・エンダムに勝利し、世界王座に就いた村田諒太
2017年10月22日、アッサン・エンダムに勝利し、世界王座に就いた村田諒太

 プロボクシングWBA世界ミドル級(72・5キロ以下)チャンピオン・村田諒太(34)=帝拳=が新型コロナウイルス感染症対策チャリティーのネットオークションに出品した、世界戦用トランクスが17日、55万1000円(税込み60万6100円)で落札された。

 ネットオークション大手、ヤフオク!が、新型コロナウイルスに対する活動支援として、モノで応援できる場として作った「エールオークション」に村田が出品したトランクスは2017年10月22日、アッサン・エンダム(フランス)と2度目の対戦でリベンジし、初めて世界王座を獲得した試合に用意した予備のもの。未着用で、サインが入れられている。17日午後11時過ぎの締め切りまでに98件の入札があり、最高額55万1000円で落札された。収益金は「新型コロナウイルス感染症『医療崩壊』防止活動支援募金」に寄付される。

 村田は動画でコメントを寄せており、「今、僕自身は、練習をできる範囲でやってるという感じです。もし、コロナ禍が収束して、試合ができる状態になっても、動けない体になっていて、後悔しないようにと思って練習をしております」と休まず体を動かしていることを明かすとともに「『やまない雨はない』といいます。この雨はいつかやみますので、皆さま、なんとか力を合わせて、がんばりましょう」と呼びかけていた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請