【札幌】1998年の悪夢「本当なら残れていた。悔しい」降格…大野貴史氏が振り返る

J1参入決定戦で福岡に敗れ肩を落とす札幌イレブン
J1参入決定戦で福岡に敗れ肩を落とす札幌イレブン

 1997年にJFLを制したコンサドーレ札幌は翌98年、初めてJリーグを戦った。第1ステージ(S)は4勝13敗で18チーム中の16位と出遅れるも、第2Sは8勝9敗の10位。年間順位は14位だったが、同年に実施されたJ1参入決定戦に敗れ、1年で降格となった。第2Sからセンターバックに定着した、札幌U―15コーチの大野貴史氏(41)が、悔しい1年を思い返した。(構成・砂田 秀人)

 98年12月5日、室蘭で福岡に0―3で敗れ、札幌のJ2降格が決まった。当時20歳だったその日を、大野氏ははっきり覚えている。

 「後半38分に交代させられて。『何で』という思いからベンチにも戻らなかった。帰りも報道陣には何もしゃべらずに素通り。札幌に戻るバスは静まり返ってて。何とも言えない気持ちになって、帰って夜の街に出かけた。若かったな」

 第1S16位からの巻き返しへ、ウーゴ・フェルナンデス監督は第2S、システムを3―5―2から4―4―2へ変更。Jの速さに対応すべく、高卒2年目の大野がCBに抜てきされた。

 「JFL優勝の勢いがあったし、バルデスとか強力な外国人もいたから、Jリーグでもいけるんじゃないかと思ってたが、スピードが違った。DFの中心のペレイラも、38歳になって振り切られる場面が増えた。それで僕が使われたと思う」

 策が奏功し、第2Sで勝ち点を伸ばしたが、年間14位でも残留はならなかった。この年行われたJ1参入決定戦には、前年からの2年間の順位ポイント下位4チームが回る規定(※1)。JFLにいた札幌は97年分の貯金がないため、ポイント16番目となり、決定戦が待っていた。

 「本当なら(J1に)残れていたんだけどなと、今も思う。ただその時は、最初に当たる神戸より順位が1つ上だったので、1勝すれば残れる状況。リーグ戦でも負けてなかったし、どこか『いけるだろ』というような雰囲気がチームにあった」

 しかし神戸にアウェーで1―2、ホームで0―2と連敗。福岡との最終決戦に臨まざるを得なくなった。

 「2試合目に室蘭で負けた後、ロッカーで誰かが『次、次』と言ったら、ディドが『次とかじゃないんだよ』って切れて。それまでと違って空気がピリピリしていった。そこからは静岡や室蘭でのミニキャンプになって、ホテル泊まりで精神的にもきつかった」

 強力攻撃陣を擁しながら2戦とも完封負け(0―1、0―3)し、1年での降格。その結果を大野氏は今、どう見ているのか。

 「まとまりはあるが、かといってなあなあではなく、練習中に僕が先輩に頭突きするようなケンカもある、熱くていいチームだった。プレーしててもやれる感覚は十分あったし、力的には負けていたとは思っていない。ただ10月にフェルナンデス監督が急に代わって(※2)。最後の試合も負けてる状況で(吉原)宏太さんが交代させられたり、結構バタバタした感じになってもいたなと。個人的には飛躍できた年だったが、悔しくて、やっぱり納得のいかない1年でしたね」

 ※1…99年にJ1とJ2が出来るのに伴い、97年と98年のJリーグは1位17点、2位16点…とポイントを設定。下位チームがJ1参入決定戦に回ることになっていた。98年は2倍のポイントが与えられたため、14位の札幌は5×2の10ポイントも、97年が0のため、同順位は全体の16位。97年5、98年6で計11点獲得の市原(現J2千葉)が15位となり、97年2、98年4で計6の17位神戸、97年1、98年2で計3の18位福岡とともに、参入戦に回った。同戦はホーム&アウェーの勝ち点で争われ、同点の場合は上位チームが勝利となるため、札幌は1勝していればJ1に残留できていた。

 ※2…97年からチームを率いていたウーゴ・フェルナンデス監督が、第2S第11節名古屋戦後に解任され、石井肇ヘッドコーチが後任に就いた。当初は成績不振が交代の要因と見られたが、クラブ側は契約のトラブルが原因と主張。対するフェルナンデス氏が2度の会見で反論と、シーズン中もピッチ外の喧(けん)騒が続いた。

 ◆1998年の出来事

 ▽2月 長野冬季五輪が開幕。日本は金5個、銀1個、銅4個のメダルを獲得。

 ▽6月10日 サッカーW杯フランス大会が開幕。初出場の日本は予選3戦全敗。

 ▽7月25日 和歌山市の夏祭りで毒入りカレー事件発生。

 ▽8月22日 夏の甲子園で横浜高・松坂大輔が決勝でノーヒットノーラン、春夏連覇を達成。

 ▽12月20日 北海道国際航空(エア・ドゥ)が運航を開始。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請