【2011年5月20日】広島が痛恨の「DH・今村」 野村謙二郎監督「あれは僕の失敗」

試合前にメンバー交換をする広島・野村監督(左)とオリックス・岡田監督
試合前にメンバー交換をする広島・野村監督(左)とオリックス・岡田監督
2回1死一塁、DHで打席に立った今村は投前に犠打を決める(捕手・伊藤)
2回1死一塁、DHで打席に立った今村は投前に犠打を決める(捕手・伊藤)
7番DHに今村が入った広島スタメン
7番DHに今村が入った広島スタメン
見事に犠打を決め、ナインと笑顔でタッチを交わす今村
見事に犠打を決め、ナインと笑顔でタッチを交わす今村

◆2011年5月20日 日本生命セ・パ交流戦 オリックス3―2広島(京セラD)

 冷静沈着な広島・野村謙二郎監督が、珍しく動揺しているのがモニターの画面越しにもわかった。試合前のメンバー交換。審判団に何事かを指摘され、三塁ベンチに向かって指で示したのは「×(バツ)」のサインだった。一方、どや顔のオリックス・岡田監督。あまりにわかりやすく、鮮やかなコントラストが描かれていた。

 問題となったのは「7番・DH」でスタメンに据えた投手の今村。当時の交流戦とセ・リーグは予告先発ではなく、相手先発が読み切れなければ、登板予定のない選手を“当て馬”として起用することがあった。この試合も右腕の木佐貫か左腕の中山か悩んだ末の「作戦」。だが、野球規則では、指名打者は相手先発に1打席を完了しなければならなかった。

 野村監督「予期していなかった。あれは僕の失敗、ボーンヘッド。言い訳しようがない」

 岡田監督「言うてやったんよ。(DHは1打席は)そのまま打席に立たなアカンてな」

 試合は7回に逆転されて敗れたが、試合前に流れを手放していた感は否めない。

 その今村が登場したのは2回1死一塁。木佐貫の初球を落ち着いて送り、お役御免で次の打席から石井に交代した。きっちりバントの仕事を果たした20歳が「ルールなので仕方ないですよ」と涼しい顔で振り返ったのが印象的だった。

 「よかった。(今村の打席で)チャンスになったらどうしようとドキドキしていた」。当時はBクラスが常連だったチームを後に再建した指揮官らしからぬミステイク。ほほえましくも苦い思い出になっているが、翌年には観客増などの狙いからセ・リーグでも予告先発が導入された。偵察要員は今後も起こりうるが、この日のようなケースはまず見られない珍事として記憶に残っている。

 ◇野球規則5・11 1(a―2)試合開始前に交換された打順表に記載された指名打者は、相手チームの先発投手に対して、少なくとも1度は、打撃を完了しなければ交代できない。ただし、その先発ピッチャーが交代したときは、その必要はない。

 ◇阪急・上田監督も 1982年8月12日の阪急・近鉄戦(日生)で阪急・上田監督が「5番・DH」で新人右腕の山沖を起用。初回1死満塁で見逃し三振を喫した。試合は13―5で阪急が逆転勝ちした。

試合前にメンバー交換をする広島・野村監督(左)とオリックス・岡田監督
2回1死一塁、DHで打席に立った今村は投前に犠打を決める(捕手・伊藤)
7番DHに今村が入った広島スタメン
見事に犠打を決め、ナインと笑顔でタッチを交わす今村
すべての写真を見る 4枚

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請