馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

【オークス展望】桜花賞馬デアリングタクト、デビュー4戦目での2冠達成なるか

オークスの出走予定馬。*騎手は想定
オークスの出走予定馬。*騎手は想定

 第81回オークス・G1が5月24日、東京2400メートルの舞台で行われる。

 新馬、エルフィンSを勝って挑んだ桜花賞で史上最速3戦目での戴冠を成し遂げたデアリングタクト(牝3歳、栗東・杉山晴紀厩舎)。先行有利の重馬場をただ1頭だけケタ違いの末脚でレシステンシアを差し切る凄まじいレースぶりだった。2400メートルは未知数も、広い東京の馬場はこの馬の能力を最大限に生かす舞台だけに、デビュー4戦目での2冠達成のシーンは十分にあるだろう。

 3月15日の未勝利戦でデビューし、スイートピーSで2連勝を決めたデゼル(牝3歳、栗東・友道康夫厩舎)もチャンス十分。父がディープインパクト、母のアヴニールセルタンは仏オークス、仏1000ギニー馬だけに、血統背景はメンバー中、随一といえるもの。中2週で2度の輸送がどう出るかだが、史上最速3戦目の樫の女王誕生があっても驚けない好素材だ。

 トライアルのフローラS組では2着のホウオウピースフル(牝3歳、美浦・大竹正博厩舎)が上位か。ブラストワンピースを兄に持つオルフェーヴル産駒。前走は追い出しを待たされながら勝ち馬を首差まで追い詰めた。東京2400メートル向きのバテない末脚が最大の魅力だ。

 フローラS勝ち馬のウインマリリン(牝3歳、美浦・手塚貴久厩舎)は2000メートル戦で3戦3勝だけに距離に不安がないのは心強い。騎乗停止の横山武史騎手から今回、父の横山典弘騎手に乗り替わる。

 フラワーC勝ち馬のアブレイズ(牝3歳、栗東・池江泰寿厩舎)、忘れな草賞Vのウインマイティー(牝3歳、栗東・五十嵐忠男厩舎)、逃げた桜花賞で3着に粘ったスマイルカナ(牝3歳、美浦・高橋祥泰厩舎)、同4着のクラヴァシュドール(牝3歳、栗東・中内田充正厩舎)、5着ミヤマザクラ(牝3歳、栗東・藤原英昭厩舎)もクイーンCを勝った東京で前進があるか。6着からの巻き返しを期す、シンザン記念勝ち馬のサンクテュエール(牝3歳、美浦・藤沢和雄厩舎)、阪神JF2着、チューリップ賞1着のキズナ産駒マルターズディオサ(牝3歳、美浦・手塚貴久厩舎)にもマークが必要だ。(大上 賢一郎)

登録馬&想定騎手

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請