吉村洋文府知事、生放送で東京のロードマップ案に見解…「大阪モデルと基本的な思想は同じだと思います。大事なのは、ちゃんと基準を作る」

吉村洋文知事
吉村洋文知事

 大阪府の吉村洋文知事が16日放送の日本テレビ系「ウェークアップ!ぷらす」(土曜・前8時)に生出演した。

 番組では、東京都が新型コロナウイルスに伴う休業要請の緩和などに向けたロードマップの考え方を詳述した「骨格」を発表したことを報じた。

 「骨格」では、1週間平均で1日当たりの新規感染者数が20人未満、感染経路の割合が50%未満など7つの指標を設定し、達成状況に応じて段階的に休業要請を緩和するとしている。

 スタジオで東京のロードマップについての印象を聞かれた吉村氏は、「大阪モデルと少し違うところあるんですけど、基本的に通じているところは多いだろうなと思っています」とコメントした。

 その上で「大阪の場合は、陽性率の割合とか、あるいは重症の病床率も数字を出してオープンにしてやってますが、基本的な思想は同じだと思います」と繰り返した。

 続けて「大事なのは、ちゃんと基準を作って府民だとか都民のみなさんに、ここに行ったら次のステージへ行くんだな、ここを守っていくべきなんだなということが、きっちり分かることだと思ってます」と明かしていた。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請