東村山市・渡部尚市長「志村けん記念館」設立の夢

志村けんさん
志村けんさん
志村けんさん
志村けんさん

 志村けんさん(享年70)が3月29日に新型コロナウイルスによる肺炎で死去して16日で四十九日を迎える。志村さんの「東村山音頭」によって全国的に知られるようになった東京・東村山市の渡部尚市長(58)は15日、「志村けん記念館」設立の夢を語った。

 新型コロナウイルスの感染拡大予防対策に努める渡部市長はNHK朝の連続テレビ小説「エール」(月~土曜・前8時)に出演している志村さんを見て、「亡くなられてもなお、テレビに出続けられている。いまだに志村さんの死が信じられないです」と声を震わせた。

 東村山市は、献花台撤去後の4月6日から公式ホームページで志村さんの追悼メッセージを募集しており、5月15日正午現在で1万9717通が集まった。締め切りの16日には2万件を超える見通し。全てのメッセージは後日、市から遺族や所属事務所に贈呈される予定だが、遺族との面会時期は未定。渡部市長は、「ご遺族も心労があると思う。いずれお目にかかれれば、志村さんの御霊前にメッセージをお供えしたい」と話した。

 メッセージには、志村さんへの感謝のほかに、名誉市民、銅像の設置など、東村山市に対する志村さんの功績をたたえる声が多数届いた。渡部市長は「ご遺族、市民、所属事務所の方と相談した上で」と前置きしながらも「志村さんの比類のない功績をなんらかの形で伝えたい」と語る。

 「志村さんの東村山音頭のおかげで、東村山市は全国区の市となりました。名誉市民や、銅像の設置はもちろん、皆さまのご協力や設立の機運が高まれば、私としても志村さんの記念館を設立したい。協力は市としても惜しまないです」と力を込めた。

志村けんさん
志村けんさん
すべての写真を見る 2枚

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請