馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  東京 阪神

今年も新種牡馬が(美浦)

 こんばんは、坂本です。今週は土曜日まで美浦におりますが、だいぶ暑さを感じる陽気ですね。

 さて、それにしても最近はつくづく便利な世の中になったものだと思いますね。先日、ケーブルテレビに加入したところ、グーグルのアカウントを使っての認証があり、「便利なもんだなあ」ということで深く考えずにやったところ、いろんな情報が反映されていて、ビックリしました。自分のスマホで見たYouTubeの履歴が、テレビの方にも反映されていたり、個人情報が知らず知らず蓄積されていることに、ちょっとムズムズする気も。何でも使い方ひとつと言いますが、とにかくここ数年だけですごい進歩だと驚く次第でした。

 さて、それでは本題へ。今日のネタとしては、皐月賞5着だった【サトノフラッグ(牡、父ディープインパクト)】の日本ダービー(5月31日、東京)の鞍上が、武豊騎手に決まったことでしょう。ルメール騎手が【ワーケア(牡、父ハーツクライ)】に騎乗することが決まっており、注目を集めていましたが、鮮やかな勝利に導いた報知杯弥生賞ディープインパクト記念以来のコンビ復活となります。「いいイメージで臨めると思うしね」と国枝調教師も、期待を込めていましたので、2強相手に逆転があるのか、面白くなりますね。

 そして以前もお伝えしたサトノフラッグの全妹の【サトノレイナス(牝2歳、父ディープインパクト)】は、美浦で順調に調整を進めています。注目のデビュー戦は、3回東京開幕週の6月7日の東京新馬戦(牝馬限定、芝1600M)をルメール騎手で予定しているそうです。国枝師に聞くと「フラッグがダービーでいい競馬をすればというのはあるけど、それを別にしてもいい素材。最初の頃を比べたら、フラッグよりもいい」と、何とも気持ちが引かれるコメントが飛び出しました。これはドラフトの上位候補として、人気を集めそうですね。同じく最初の東京開催でデビューを予定しているのは、新種牡馬産駒で気になる【ディアマンテール(牡2歳、父ドゥラメンテ、母ダイヤモンドディーバ)】です。きょうだいにはオープン馬のハウメアや、今週のヴィクトリアマイルに出走するシャドウディーヴァがいる血統です。「これもいいと思うよ」と国枝師。将来性豊かな早期デビュー候補として、要チェックでしょう。

 同じく新種牡馬の話題で言うと、香港カップなど海外G1を2勝したエイシンヒカリ産駒もスピードがありそうで楽しみな感じがします。それを高く評価していたのは武井調教師で、【シャイニングライト(牡2歳、父エイシンヒカリ、母ニューアイデア)】は3回東京デビューを視野に入れています。「奥がありそうで、いいと思います」と、どんな走りをするのか注目ですね。ちなみに【グローリアスデイズの18(牝2歳、父ロードカナロア)】は、武井師のイチ押しな雰囲気で、「一番期待しています。牧場でグングン良くなっているみたいですし、馬は目立っていい馬」とのこと。近親にリンカーンやヴィクトリーがいる良血で、リンカーンが好きだった記者としてはグラリとしましたね。

 そして今週のヴィクトリアマイルのコントラチェックとアルーシャを2頭出しする藤沢和厩舎の2歳情報を。父も手がけた【ラペルーズ(牡2歳、父ペルーサ、母ハットシテグー)】は、美浦に帰厩して、東京開催後半のデビューを視野に入れています。すでにお伝えしている【バニシングポイント(牡2歳、父Tapit)】も、来週には美浦に帰厩して東京デビューに備えるようです。そして指揮官は「ドゥラメンテもいいぞ」と、【オブデュモンド(牡2歳、父ドゥラメンテ)】への期待を伝えてくれました。いやはや、どれが当たりなのか、本当にドラフト前は楽しいですね。

 それでは今日のところはこのへんで。

スポーツ報知「馬トクPOGプリント」を全国主要コンビニ、イオン系スーパーのマルチコピー機で発売中です。購入方法はこちら

期待馬の馬体写真

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請