【ヴィクトリアM】48歳岡田祥嗣騎手、メジェールスーでG1初騎乗「チャンスをもらっている責任感がある」

スポーツ報知
メジェールスーでG1初騎乗に挑む岡田

◆第15回ヴィクトリアマイル・G1(5月17日・芝1600メートル、東京競馬場)

 48歳のベテラン岡田祥嗣=栗東・フリー=がG1初騎乗で意地を見せる。ヴィクトリアマイルで騎乗するのはメジェールスー。91年に福山競馬でデビューし、13年にJRA騎手として再出発した苦労人は「チャンスをもらっている責任感がある。それを背負ってどこまでやれるか」と気合を入れた。

 2走前と3走前は6ハロン戦で先行して勝利を挙げた。前走に続くマイル戦となるが、「先週の東京の馬場傾向を見ていて、上がり最速でも届かない感じ。後ろからいく馬ではないですし、そのイメージはありません」と今の東京にはもってこいの脚質だ。コンビでは通算3戦1勝。追い切りにも騎乗して特徴はつかんだ。

 地方競馬で通算1900勝以上を挙げるものの、JRA重賞はこれまで10度の騎乗で未勝利。母エイジアンウインズは08年の同レース覇者で、藤原英厩舎も歴代3勝と抜群の相性を誇る。「母も勝っているレースで縁も感じる、いいレースをしたい」と好走を期する。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請