馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  東京 阪神

活性化(栗東)

 こんにちは、山本です。今日は栗東からのパッチパチ。早速、いきましょうか。

 さて、本日は小忙しいので、前振りゾーンは省略。ただ一つ、ご報告させていただきます。例年、今頃は当ブログ上にて美浦担当の坂本記者とPOG指名対談をさせてもらっておるのですが、今年はこの対談、紙面でもスペースをいただけそうなので、当ブログでは見合わせることにしました。ただ、我々が選んだベスト10と前年の反省は来週更新分でお互いに更新する予定。そちらの方は、ご期待ください。

 ということで、そろそろ本題へ。今日は栗東の取材を中心に進めていきましょう。さて、NHKマイルCは斉藤崇厩舎のラウダシオンが優勝しました。個人的に気になっていたのは、その弟で早めの始動かなと思っていた【ローウェル(牡、父キズナ、母アンティフォナ)】だったんですが、今日の栗東で「もうすぐ入りますか」と聞くと、斉藤崇調教師は「もう入ってますよ、昨日」との返事。兄と入れ替わるように栗東へ入ってきたようですね。まぁ、入厩時期を聞く→もう入っていた、という恥ずかしい流れは、POG取材の「あるある」です。「まずはゲート試験ですね」とのこと。また、取材はしときます。

 清水久厩舎には2頭の2歳馬が入ってきました。まずば【サンデールーカス(牡、父ロードカナロア、母エンジェルフォール)】ですね。ラウンドワンの杉野公彦オーナーが、セレクト1歳セールで1億5000万円で落札しました。伯母にトールポピー、アヴェンチュラを持ちます。「馬格は500キロ前後あって、順調です。何事もなければ早めの始動へ向けて、準備していく予定です」と春の取材会で聞いていたんですが、その予定通りにきたという感じですね。あとは当ブログでも触れた【シュヴァリエローズ(牡、父ディープインパクト、母ヴィアンローズ)】も入ってきました。キャロットFで募集価格8000万円の馬です。

 あとは友道厩舎にクロコスミアの弟になる【ルリオウ(牡、父ゴールドシップ、母デヴェロッペ)】が入厩。中内田厩舎にはダービー馬マカヒキの近親で、金子真人HDの【ジャカランダレーン(牝、父ラブリーデイ、母ウリウリ)】も入ってきたようです。

 少し遅れた話ですが、先週末に同じ金子真人HDの【アレスクラー(牡、父ロードカナロア、母アゲヒバリ)】が栗東に入ってきました。半兄にリオンリオンいる血統馬ですね。以前に書いたと思いますが、530キロ近い大型馬。「最初は手脚に重さがあったんですが」と生野助手は切り出しつつ、「一度速い馬に絡まれた時、ハミを取ったんですが、その時はいいキャンターだったんですよ」と素質の一端は感じ取っているようです。まずはゲート試験ですね。

 あと、兄にレッドアンシェルを持つ【レッドフランカー(牡、父リアルインパクト、母スタイルリスティック)】が本日のゲート試験で合格。「悪くないですよ。すごく真面目な馬なので、1200~1400メートルになるんですかね」と話していました。あと、兄にアイスバブルなどを持つ【シュトゥルーデル(牝、父ディープインパクト、母ウィンターコスモス)】も早ければ来週にも栗東入りを考えているようです。

 しかし、栗東は一気に緑ゼッケン、ゲート試験の受験が増えてきました。もう3週後には新世代の戦いがスタートです。今日はここまで、また明日です。ではでは

スポーツ報知「馬トクPOGプリント」を全国主要コンビニ、イオン系スーパーのマルチコピー機で発売中です。購入方法はこちら

POG2歳馬特集

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請