【2006年5月15日】巻のドイツW杯サプライズ選出にも冷静だったオシム監督

ドイツW杯日本代表メンバーの名前を読み上げる日本代表のジーコ監督
ドイツW杯日本代表メンバーの名前を読み上げる日本代表のジーコ監督
W杯日本代表に選出され、サポーターの子供から花束を贈られ笑顔の千葉FW巻誠一郎
W杯日本代表に選出され、サポーターの子供から花束を贈られ笑顔の千葉FW巻誠一郎

 W杯のメンバー発表は、ファンの期待が最大限に高まり、ある意味、本番より盛り上がる。

 2006年ドイツW杯の日本代表は、まさにそうだった。結果的には1分け2敗で1次リーグ最下位敗退。終わってみれば、メンバー発表が行われた2006年5月15日が、ドイツW杯日本代表チームの“ピーク”だったのかもしれない。

 「タカハーラ(高原直泰)、オーグロ(大黒将志)、ヤナギサワ(柳沢敦)、タマーダ(玉田圭司)、マキ(巻誠一郎)」

 ジーコ監督が独特の口調で、FW5人目、全選手通じて最後となる23人目の選手を呼び上げた時、会見場ではどよめきが広がった。主力候補だった久保竜彦が外れ、プロ4年目の巻がサプライズ選出された。

 腰痛、両足首痛を抱え、体調面に不安があった久保とは対照的に、そのシーズン、巻は調子を上げていた。代表発表の前々節のJリーグ浦和戦(5月3日)では、視察するジーコ監督の目の前で強烈な右足シュートを決めて2―0の快勝に貢献した。

 代表発表会見の終了後、私は当時の千葉の練習場だった市原市の姉崎サッカー場へ直行した。千葉サポーターが約300人、報道陣が約150人が集まり、現場は興奮に包まれていた。「最初はびっくりしましたが、次の瞬間には、チームの中で何をすべきか、と考えました。今さら技術が上がることはない。僕らしく、泥臭くプレーするしかありません」と巻は、W杯代表選手として堂々と第一声を上げた。

 当時、千葉を率いていたのはオシム監督。巻の選出について、名将は冷静に話した。

 「私は巻と毎日、過ごしている。日々、親が子の成長を分からないように、私も巻の成長をよく分からない。しかし、久々に巻を見たジーコ監督は巻の急成長に気がついたのでしょう。日本人の典型的な、よく頑張る人間である巻が選ばれたことは、とてもいいことだと思う」

 淡々とした口調に、選手に対する愛情と信頼をひしひしと感じた。

 1993年の5月15日に旧国立競技場で、Jリーグ初戦のV川崎―横浜M戦が行われた。以来、5月15日は「Jリーグの日」と言われる。14年前の記念日、関東地方は、ここ数日と同じように汗ばむような陽気だった。興奮と熱狂の中、汗だくになって取材に走り回った一日で、極めて落ち着いていた“オシム節”が強く印象に残っている。(竹内 達朗)

ドイツW杯日本代表メンバーの名前を読み上げる日本代表のジーコ監督
W杯日本代表に選出され、サポーターの子供から花束を贈られ笑顔の千葉FW巻誠一郎
すべての写真を見る 2枚

コラムでHo!とは?
 スポーツ報知のwebサイト限定コラムです。最前線で取材する記者が、紙面では書き切れなかった裏話や、今話題となっている旬な出来事を深く掘り下げてお届けします。皆さんを「ほーっ!」とうならせるようなコラムを目指して日々配信しますので、どうぞお楽しみください。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請