ワールドマスターズゲームズ開幕まであと1年 朝原宣治氏「いま出来ることを続けながら2021年に向かいましょう」

朝原宣治氏(C)ワールドマスターズゲームズ2021関西組織委員会
朝原宣治氏(C)ワールドマスターズゲームズ2021関西組織委員会

 来年5月に行われる「ワールドマスターズゲームズ(WMG)2021 関西」の組織委員会は14日、開幕を1年後に控え、大会のアンバサダーを務める2008年北京五輪陸上男子400メートルリレー銀メダリストの朝原宣治氏(47)のコメントを公開した。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、外出自粛が続くが「外出自粛が長引いて気持ちも沈みがちだと思います。テレワークだとどうしても運動不足になり肩こりや腰痛が心配です。私は寝る前にはお風呂に浸かってリラックスし、出た後もストレッチをするなど固まった身体をほぐしてリセットするよう心がけています。マスクをし間隔をあけるなどのルールを守れば、外に出て新鮮な空気を吸いながら歩いたりジョギングするのも体力維持やリフレッシュに大切なことだと思います」と自身のルーティーンも交えながらアドバイス。朝原氏も1年後の大会に出場する予定で「今できることを続けながら皆さんで2021年に向かいましょう」と呼びかけた。

 組織委員会もコメントを公開し、改めて当初の計画通り来年の5月14日から大会を開催すると表明した。先に行われるはずだった東京五輪が延期になったことから「東京2020オリンピック・パラリンピックが2021年7月に延期されたことにより本大会に及ぼす影響について、関係団体等から情報収集を行い、明らかになった課題に対してしっかりと対応してまいります」とした。

 現在の外出自粛を受け、組織委員会では家でもできるトレーニングやスポーツなどの動画を、世界中の人とシェアする「#家トレ」プロジェクトを実施しており、寄せられた動画を14日から大会ホームページ(HP)で公開している。今大会はアジアで初の開催。組織委員会は「皆様にWMG2021関西大会に安心して参画いただき、第10回のアジアで初の生涯スポーツの世界大会である、ワールドマスターズゲームズ2021関西が盛り上がるよう準備をしっかりと進め、スポーツを愛する人々の多くの期待に応え、大会の成功を期したいと考えておりますので、ご理解ご協力のほど、よろしくお願いいたします」と1年後に迫った大会本番を見据えた。

 大会エントリーは既に始まっており、来年2月28日まで受け付けている。またHPにはオフィシャルオンラインショップが開設され、大会ロゴ入りのTシャツ7種類(3300円)、ポロシャツ1種類(4400円)、大会フェイスタオル1種類(1100円)の販売が開始された。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請