桐生祥秀使用のシューズ技術が表彰…革新的な“ピンなし”実現

ピンなしを実現し、世界最大規模の複合材料展示会で表彰されたアシックスの次世代スプリントシューズ(アシックス提供)
ピンなしを実現し、世界最大規模の複合材料展示会で表彰されたアシックスの次世代スプリントシューズ(アシックス提供)

 アシックスは14日、スパイクピンのない陸上スプリントシューズ「メタスプリント」に使用している、CFRTP(炭素繊維強化熱可塑性樹脂)を用いた複雑な立体形状を実現する成型技術が、世界最大規模の複合材料展示会「JEC WORLD 2020」で表彰されたと発表した。

 「Sports&Healthcare」部門で「The JEC Composites Innovation Awards」を受賞した。アシックス・スポーツ工学研究所の原野健一所長は「CFRTP複合材料は、軽量で強靱な特性を有することからさまざまな業界で研究されています。このたびは、このような名誉ある賞をスポーツ業界で受賞でき大変うれしく思っております。本技術の実用化に向けては多くの課題がありましたが、産学・異分野連携を進めることで克服に成功しました」とコメントした。

 「メタスプリント」は、日本初の100メートル9秒台スプリンター、桐生祥秀(日本生命)向けに開発されたものを市販化したもの。従来の常識を覆すピンなしの構造で、ピンがトラックに刺さり、抜ける時間を短縮することでロスを減らし、推進力を高める狙いがある。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請