青学大・原晋監督、熱中症で「気をつけるのは前日との気温差。急に上がった時に倒れる」

原晋監督
原晋監督

 14日放送のTBS系「ひるおび!」(月~金曜・前10時25分)では、新型コロナウイルスの感染拡大について特集。気温が上がり、加えてマスクの着用で熱中症患者が増えることで、医療崩壊の危機が心配されることを伝えた。

 熱中症について、コメンテーターとしてリモート出演した、今年の箱根駅伝で5度目の総合優勝を果たした青学大陸上競技部の原晋監督(53)が答えた。

 「ランニングと熱中症に対しては、私も指導者としてずいぶん気をつけているんですけど、1年間、結構、熱中症ってあるんですよ。夏だけの問題じゃないんですよね」と現場での経験から指摘。

 「私が気をつけているのは前日との気温差。急に気温が上がった時に選手がバタバタ倒れることがあるので、そこは気をつけてやってますね」と話した。

 MCの恵俊彰(55)は「なるほどね。今日一日気温が高いというわけじゃなくてね。気温差があるとなりやすいんだ」とうなずいていた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請