【女子野球】花巻東・新沼瑞姫、今春創部のチームで定位置つかむ…佐々木朗希と同じ大船渡一中出身

意気込みを語った新沼はガッツポーズで笑顔(写真は4月の練習時)
意気込みを語った新沼はガッツポーズで笑顔(写真は4月の練習時)

 東北地区で高校女子硬式野球部のある2校に、中学時同じ「絆ヴィーナス」でプレーした選手がそれぞれ入学した。創部3年目のクラーク記念国際高仙台キャンパス(宮城)・今野さくら内野手(1年)と、今年創部した花巻東(岩手)・新沼瑞姫内野手(1年)だ。ロッテ・ドラフト1位の最速163キロ右腕・佐々木朗希(18)と同じ大船渡一中(岩手)出身の2人は、互いの存在を意識しながら、対戦できる日を心待ちにして練習に励んでいる。

 花巻東・新沼は、4月に新チームでの練習が始まってから、守備では内野に入って汗を流している。

 絆ヴィーナスでは、中学2年時からエースを張ってきた。同チームで小学6年生の春からバッテリーを組んでいた今野とは、よくお互いのプレーを指摘し合ってきた仲。一方で、相棒の優しさに何度も助けられた。「イージーボールをストライク判定してもらえなかったとき、さくらはタイムを取って『大丈夫。次は取ってくれるから』と声をかけてくれた。プレッシャーに強くなかったから、助けられた」と明かした。

 ともにクラーク仙台に進学し野球をすることも考えたが、花巻東に女子硬式野球部が創部することを知ると、同校で野球をすることを決意。「主将の河野瑠生さん(2年)も中学の頃は同じチームで、守備で自分によく声をかけてくれた。また一緒にやりたいと思っていた」。今野とは高校が分かれても連絡を取り合っており、「ライバルだと思っている。全国で戦いたい」と刺激を受けているようだ。

 今の目標は、内野手でレギュラーになること。「さくらは中学時代は4番で、飛距離もある。自分は肩が強くないのと、ケガをしやすいので、まずは筋トレをして力をつけたい」。かつてマウンドで今野に支えてもらった経験を励みに、今度は自分が仲間を支える内野手になる。(小山内 彩希)

 ◆新沼 瑞姫(にいぬま・みずき)2004年11月12日、岩手・大船渡市生まれ。15歳。立根小2年時に立根スポーツ少年団で野球を始め、小学5年生から絆ヴィーナスに所属。小学6年春から投手を務め、中学2年春からエースとして活躍。今年4月に花巻東高へ入学。153センチ。右投右打。

 ◆高校女子硬式野球の全国大会 3月の全国高校女子硬式野球選抜大会(埼玉・加須)、7月の全国高校女子硬式野球選手権(兵庫・丹波)、3年生引退後の8月にある全国女子硬式野球ユース大会(埼玉・加須)と、3つの全国大会が行われる。加盟校が少ないため県予選などはなく、全校が出場できる。今年度の加盟校は36校の見込み。また今年3月の選抜は新型コロナウイルスの影響により中止となった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請