コロナ感染力士が28歳で死去 八角理事長が哀悼の意「力士らしく、粘り強く耐え、最後まで病気と闘ってくれました」

高田川部屋
高田川部屋
八角理事長
八角理事長

 日本相撲協会は13日、新型コロナウイルスに感染し都内の病院に入院していた高田川部屋の三段目・勝武士(しょうぶし、本名・末武清考)さんが、コロナウイルス性肺炎による多臓器不全のため同日0時半に死去したことを発表した。28歳だった。

 八角理事長は受け、協会を通して以下のコメントを発表した。

 「この度の悲報に接し、協会員一同、心より哀悼の意を表します。ご遺族の皆様方のご傷心を察しますと、お慰めの言葉も見つかりません。1か月以上の闘病生活、ただただ苦しかったかと思いますが、力士らしく、粘り強く耐え、最後まで病気と闘ってくれました。今はただ、安らかに眠ってほしいと思います。懸命の措置をしてくださいました医療機関の皆様には、故人に代わり、深く感謝申し上げます」

高田川部屋
八角理事長
すべての写真を見る 2枚

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請