コロナ感染の高田川部屋の力士が死亡 日本相撲協会が発表

高田川部屋
高田川部屋
初切を披露する勝武士(左)と恵比寿丸
初切を披露する勝武士(左)と恵比寿丸
初切を披露する勝武士(中央)と恵比寿丸
初切を披露する勝武士(中央)と恵比寿丸

 日本相撲協会は13日、高田川部屋の三段目・勝武士さんが、新型コロナウイルス性肺炎による多臓器不全のため、同日に死亡したことを発表した。28歳だった。

 勝武士は、4月4日から体調不良を訴え、8日に入院。10日にPCR検査で陽性が判明し、入院していた。

高田川部屋
初切を披露する勝武士(左)と恵比寿丸
初切を披露する勝武士(中央)と恵比寿丸
すべての写真を見る 3枚

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請