【ソフトバンク】川瀬晃が弟・堅斗にエール「弟が最後の夏に投げる姿を見たい」と夏の甲子園開催を願う

打撃練習を行うソフトバンク・川瀬
打撃練習を行うソフトバンク・川瀬

 ソフトバンク川瀬晃内野手(22)が12日、福岡・筑後市内のファーム施設での自主練習後、オンライン取材に対応。「弟が最後の夏に投げる姿を見たい」と、夏の甲子園の開催を願った。

 弟・堅斗は川瀬の母校でもある大分商のエース兼主将。プロ注目の右腕だ。今春もセンバツ出場を決めていたが、新型コロナウイルスの影響で大会が中止になった。「甲子園に出られないと決まった時は、すぐに連絡しました。本人もすごくショックを受けていた。でも『キャプテンなので、先頭に立って、切り替えてやって欲しい』と伝えました」と当時のやりとりを明かした。

 まだ開幕日が決まらないプロ野球と同様、夏の甲子園の開催も不透明。「何が何でも開催して欲しい。(弟には)春の悔しさを夏にぶつけて欲しい」とエールを送った。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請