宮藤官九郎氏、リモート出演でラジオ復帰「しゃべり過ぎて回線おかしくなった」

宮藤官九郎氏
宮藤官九郎氏

 3月末に新型コロナウイルスに感染し、先月7日に退院した人気脚本家の宮藤官九郎氏(49)が11日、月曜パーソナリティーを務めるTBSラジオ「ACTION」(月~金曜・後3時半)にリモート出演で復帰した。

 冒頭「この度は本当にご心配おかけしました。おかげさまで退院から1か月がたち、本日からリモートという形で復帰させていただくことになりました」と元気にあいさつ。「いろんな方に迷惑をかけてしまいましたが、僕のように回復した人間が元気な声を届けることが、皆さんに少しでも希望になれば」と意気込んだ。

 退院後、先月20日と27日に電話出演しているが、この日は「2週間は隔離生活。マスクをして部屋にずっといて。奥さんがご飯をドアの外に置いてくれた」と改めて生活の様子を明かした。現在は部屋を出て朝7時半に起きてベランダでウォーキング。「恥ずかしいんですけど、完全に日焼けしました」と笑った。

 9日に番組関係者が自宅に来てリモート出演のための機材を設置した。「ゆっくり時間を掛けて、ちょっとずつ執筆も始めました」と徐々に仕事復帰している様子。この日はラジオもフル出演し、好きな映画を語るコーナーでは「あ、もしもし? 何か俺が夢中でしゃべり過ぎて回線がおかしくなった」と音声が途切れる一幕も。

 最後は「リモート、俺、わりと大丈夫だったな。無駄話をしにくいと思ったらそうでもなかった」と手応えを感じていた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請