亀田史郎氏、自身や3兄弟の母校などにマスク3150(サイコー)枚×3寄贈

母校・今宮中など西成区3校にマスクを約1万枚寄付した亀田史郎氏(左)
母校・今宮中など西成区3校にマスクを約1万枚寄付した亀田史郎氏(左)

 プロボクシング亀田3兄弟の父で現在はユーチューバーの亀田史郎氏(54)が11日、地元大阪・西成区の中学3校に合計で約1万枚のマスクを寄贈した。親交あるK―1選手の皇治(31)から新型コロナウイルス感染拡大防止に貢献するバトンを引き継いだもの。

 母校・今宮中などを訪れた史郎氏は、やんちゃだった中学時代を振り返り「どっちか言うと役に立たない生徒やったから、今こうやって役に立ててホンマにうれしい」と感慨深げ。このほか長男・興毅氏(33)、次男・大毅氏(31)、現役選手の三男・和毅(28)の母校・天下茶屋中と、長女でプロボクサーを目指す姫月(20)が通った成南中も訪れ、一家の代名詞「3150(サイコー」にちなみ、各校に3150枚を届けた。

 私生活では、もうすぐ2人の孫が生まれる。大毅氏の第二子が5月下旬、和毅の第一子が6月に誕生予定。どちらも性別は男児とみられるという。孫が合計7人となる史郎氏は「全員、男の子や。早くコロナが収まって孫たちに会いたい」と優しい祖父の顔になった。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請