女子100メートル障害の木村文子、マスク作りハマリ中…陸上10選手がトークイベント

おうち時間を利用してマスク(左下)を作っていることを明かした木村文子(右上=YouTubeチャンネルで)
おうち時間を利用してマスク(左下)を作っていることを明かした木村文子(右上=YouTubeチャンネルで)

 日本陸連は10日、同日に予定されていたゴールデングランプリ(国立競技場、延期)の代替イベントとして、日本代表の10選手によるトークイベントをYouTubeチャンネルで配信。女子100メートル障害の木村文子(31)=エディオン=は緊急事態宣言下の自宅生活でマスクを作っていることを明かした。

 使用しなくなったハンカチを手縫い。「これまで裁縫する時間がなかったけど、集中することはいいと思って。作り始めたら止まらなくなりました」と明かした。男子短距離の小池祐貴(24)=住友電工=は「補食用に」とレアチーズケーキやプリンを手作りしているという。

 自宅トレーニングの日々が続いているが、リオ五輪男子400メートルリレー銀メダルの飯塚翔太(28)=ミズノ=は「大会ができるタイミングになったら、また会場で会いたいと思います」と競技再開を楽しみにしていた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請