やり投げ北口榛花の苦悩…新入社員にもコロナ禍「同期誰とも会ってない。友達ゼロです」

ネット上のスペシャルトークに参加した北口
ネット上のスペシャルトークに参加した北口

 女子やり投げ日本記録保持者で今春、日大からJALに入社した北口榛花(22)が10日、YouTubeで現状報告を行った。新型コロナウイルスの感染拡大でこの日開催予定だった「セイコーゴールデングランプリ」が延期となり、日本陸連はトップ選手10人によるスペシャルトーク番組を生配信。北口は「友達がゼロ」と出勤ゼロの寂しさを訴えた。

 北口がコロナ禍での新社会人生活を明かした。選手たちが自宅から参加し、YouTube内で実現したトーク企画。女子やり投げのエースは「日本航空所属になりました、やり投げの北口です」と初々しい自己紹介で登場した。

 新しい出会いが増えるはずだった春。だが「まだ1日も出社できてなくて」と表情を曇らせた。「同期に誰とも会っていない。友達はゼロです…」と明かし「友達欲しいです」と苦笑い。練習環境については「今までと変わらない」と話すも、社会人としての寂しさをにじませた。

 配信では「ステイホーム」の中挑んだというパン作りが紹介された。自身が合宿を行い、成長のきっかけとなったと話すチェコで食べられているパン作りに挑戦。一部が焦げている事を指摘されると「隠しきれなかったですね」と素直に話し、笑いを誘った。新たな取り組みも始めた。グーグルで「北口榛花」と検索するとファンからの質問に答えた動画が表示される。学生から社会人になり、ファンとの交流もこれまで以上に意識しながら来年の東京五輪に向かう。「気持ちを新たにしてスタートしたい」。持ち前の明るさで苦境を乗り切る。(西塚 祐司)

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請