サンプラザ中野くん、ライブ動画を生配信 中野サンプラザ公演も構想中で「生きてて良かった記念に」

インターネット唄会を行ったサンプラザ中野くん
インターネット唄会を行ったサンプラザ中野くん

 歌手のサンプラザ中野くん(59)が10日、You Tubeで「インターネット唄会」を生配信した。配信前にテレビ会議アプリ「ZOOM」で報道陣の取材に応じた。

 「インターネット唄会」はコロナ禍でもファンと交流したいと企画されたもの。いつも通りサングラス姿で元気に登場した中野くんは「みなさんコロナ禍の中、元気でお過ごしでしょうか?サンプラザ中野くんは元気です!」とあいさつ。ギタリスト・パッパラー河合(59)と感染予防のため距離を取りながら、ミニアルバム「感謝還暦」購入者から募集した歌詞の「無理だ!決定盤(令和Ver.)」を披露した。配信前には「(歌詞が)報道禁止用語でも歌っちゃいますよ」と息巻いていたが、本番では「これは歌えない」と苦笑いする場面も。一方、河合は同企画に対して「今後、エンタメ業界がどう向かっていくかというのを先陣切ってやっていこうという心意気でやります」と意欲。約2時間でのべ1000人を楽しませた。

 中野くんは今年8月に還暦を迎える。「還暦ってもっと年上かなと思っていたけれど、いつの間にかなってしまった」としみじみ。「もっと弱っているのかなと思ってたけど、河合さんと2人で歌い続けていることにビックリ。とっても感謝しております」と語った。

 さらに還暦記念としてソロで初の東京・中野サンプラザ公演の構想を発表している。「なんとか今月中にコロナが収束して、発表したい。よく生き残ったって。還暦祝いと言うより、生きてて良かった記念になるといいね」と夢に描いた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請