デゼル オークスもレーンとコンビ継続へ 2戦無敗の超良血ディープ産駒

レーン騎乗でオークスに参戦するデゼル
レーン騎乗でオークスに参戦するデゼル

 デビュー2戦目のスイートピーSを快勝して、オークス(5月24日、東京・芝2400メートル)の有力候補の一頭となったデゼル(牝3歳、栗東・友道康夫厩舎)がトライアルでも騎乗したダミアン・レーン騎手(26)=オーストラリア=が引き続き手綱を執る方向で調整していると、5月10日、同馬を所有する社台サラブレッドクラブのホームページで発表された。

 デゼルは父ディープインパクト、母はフランスオークス馬、アヴニールセルタンの血統で、今年3月15日にデビュー戦を迎えたばかり。初戦を勝利したあと、オークストライアルのスイートピーSを1番人気で快勝して、2戦無敗でG1に駒を進めることになった。

 

 レーン騎手は現在、4月18日から5月17日までの1か月の短期免許を取得してJRAで騎乗中。当初はオークスの週を空けて、日本ダービーが行われる5月30日の週から1か月の短期免許を再取得するべく申請するプランだったが、これを1週繰り上げて、オークスの週も騎乗可能とする形で申請を予定している。この申請が通り、JRAより交付されれば、そのままコンビを継続してオークスに臨むことになる。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請