杉村太蔵、また岸博幸氏から全否定される「だから太蔵くん、ダメなんだよ!」「細かい事言うんじゃないよ!」

スポーツ報知
杉村太蔵

 10日放送のTBS系「サンデー・ジャポン」(日曜・前9時54分)で、新型コロナウイルスの感染拡大について特集した。

 自身も会社を経営しているという元衆院議員でタレントの杉村太蔵(40)が「2月3月は数千万円単位の前年比の損害があります」と明かした上で「苦しいは苦しいんですけど、政府・自治体の支援策を冷静に見ると、中小企業は最大200万円の給付金が出ます。東京都の場合は1店舗の場合は50万円、2店舗だったら100万円、それが延長になってさらに50万円、100万円。そして国民一人当たり10万円。実質無利子無担保で資金支援がある。さらにこれから雇用助成金の拡充と、家賃補助も出てくるんですよ。そういう事を考えますと確かに苦しい時期ではありますけど、経営者として投資家目線として、この支援策をきっちり利用して乗り越えようと、そういう前向きな気持ちになるべきだと思うんですよね」と熱く語った。

 この杉村の主張に反論したのは、これまで何度も杉村の意見にダメ出しをしてきた元経済産業省官僚の岸博幸氏(57)。

 岸氏は「だから太蔵くん、ダメなんだよ!」と全否定した上で「残念ながら政府はいろいろやってるけど、対策は不十分なんですよ。わかりやすい例を挙げると、僕の知り合いの美容室。東京の一等地で3店舗を経営していて、毎月かかる固定費、家賃や人件費が4000万円を超えるんですよ。東京の一等地でやってる場合というのは、固定費がかかるから、残念ながら政府の今の支援策では正直、全然足らないんです。緊急事態宣言を延長するなら、もっともっと対策をしっかりしないとダメなんです」と政府の経済支援策では不十分だとした。

 これに杉村も「政府に、対策しろ対策しろっておっしゃいますけどね、結局巡り巡ってその負担は誰が負担するかといったら、私たち国民の税金で負担しなきゃいけない」と返すも、岸氏は「今、史上最大の経済危機なんだから財政の細かい事言うんじゃないよ!」と一喝。

 再び杉村が「先生、財政が細かいってどういう事でしょうか。国の財政危機を真剣に考えるって、とても大事な事なんじゃないでしょうか」とかみつくが、岸氏は「以前も言ったけど、今の低金利の状況で、低金利がしばらく続く中で、そんなの恐れる方のがおかしいわけで、そういう言い訳にするのはダメです」と一蹴していた。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請