6・19開幕で120試合制なら予備日の確保可能 大型連戦も最小限に

3月21日に無観客で行われた巨人・DeNA戦
3月21日に無観客で行われた巨人・DeNA戦

 最短で6月19日の公式戦開幕を目指しているプロ野球が、67年ぶりとなるシーズン120試合制を検討していることが9日、分かった。新型コロナウイルスの影響による開幕延期で予定された143試合の実施を断念しており、リーグ内24回戦総当たりの120試合制を軸に調整している。公式戦が120試合まで縮小されれば、1953年のパ・リーグ以来67年ぶり。5月31日を期限とする緊急事態宣言の解除を前提に、全国のファンにプロ野球を届ける準備を進めている。

 火曜日から6連戦をベースに消化すると仮定すれば、6月19日開幕の場合、11月上旬までに120試合が組まれる公算が大きい。11月中旬には例年と同等の10日程度の予備日も確保可能。9月下旬には多くの球団で当初から9連戦が組まれているが、3か月遅れの開幕でも過密日程や大型連戦は最小限にとどめられる可能性が高い。また、感染防止に万全を期すため各球団は地方開催を本拠地開催に振り替えており、2連戦を3連戦に変更しやすい状況にもある。

  • 開幕以降全て火~日曜日6連戦で消化した場合のシミュレーション

    開幕以降全て火~日曜日6連戦で消化した場合のシミュレーション

3月21日に無観客で行われた巨人・DeNA戦
開幕以降全て火~日曜日6連戦で消化した場合のシミュレーション
すべての写真を見る 2枚

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請