ジャンボ鶴田“最強説”をなぜ天龍番記者が書くのか…金曜8時のプロレスコラム

没後20年となる13日に発売される「永遠の最強王者 ジャンボ鶴田」を持つ著者の「週刊ゴング」元編集長・小佐野景浩さん
没後20年となる13日に発売される「永遠の最強王者 ジャンボ鶴田」を持つ著者の「週刊ゴング」元編集長・小佐野景浩さん

 初代三冠ヘビー級王者のジャンボ鶴田さん(享年49)が2000年5月13日に亡くなって今年で20年になる。全日本プロレスでは毎年、5月の東京・後楽園ホール大会でジャンボ鶴田メモリアルマッチを行ってきたが、今年は新型コロナウイルスの感染拡大の影響で中止に。その代わりに、鶴田さんの命日の13日に「永遠の最強王者 ジャンボ鶴田」(ワニブックス、1800円+税)が出版された。著者は元「週刊ゴング」編集長の小佐野景浩さん(58)だ。

  • トレードマークの「オー!」ポーズを決める現役時代のジャンボ鶴田さん
  • トレードマークの「オー!」ポーズを決める現役時代のジャンボ鶴田さん

 小佐野さんとは、年末に開かれるプロレス大賞(東京スポーツ制定)の選考委員会で毎年顔を合わせているが、必ず隣に座って“熱血プロレスティーチャー”としての理論を聞かせてもらっている。ファンの間では有名な話だが、小佐野さんは天龍番記者の第一人者。天龍は鶴田さんと鶴龍コンビを結成し、それが鶴龍対決となり、団体分裂にまで発展したライバル関係だった。天龍番が、ライバル鶴田さんの本を書くことに違和感を覚える人も多いだろう。

 そこはしっかりと小佐野さんに突っ込まないといけない。ティーチャーいわく「この仕事を始めた新米記者の時に、天龍さんよりも先に鶴田さんと知り合ってるんですね。フレンドリーで近づきやすい人だった。大学(中大)の先輩でもあるし、父と同郷(山梨出身)でもあるし」最初は鶴田番だったことを明かしてくれた。

 天龍番を決定づけたのは、90年に天龍が全日本プロレスを脱退し、新団体SWSに移籍することを小佐野さんが「週刊ゴング」でスクープしたことだ。抜かれた側の「週刊プロレス」は、反SWS(=反ゴング、反小佐野)のキャンペーンを展開した。「僕としては、出て行った人の言い分と、残った人の言い分と、両方取材して書きたかった。でも僕のことをよく思ってない人が全日本にいるというのが伝わってきたので、取材拒否になる前に自分から取材を自粛したんです」と番記者としてのつらい心情を吐露した。実はその間も鶴田さんとはつながっていて、94年の編集長就任時には、団体からすんなり受け入れられたという。

 天龍が鶴田さんを本気にさせようと熱き心でぶつかっていた時代、「鶴田さんに『天龍さんがこう言ってましたよ』と言ってイラッとさせたりして、パッションのある発言を引き出そうとしてましたね。なかなか本気にはなってくれませんでしたけどね」。今回の出版にも天龍が全面的に協力してくれたという。天龍番が書いた評伝だからこそ、鶴田さんの本質が見えてくるのかもしれない。(酒井 隆之)

 ◆ジャンボ鶴田 本名・鶴田友美(つるた・ともみ)。1951年3月25日、山梨県生まれ。日川高バスケットボール部から、中大でレスリングに転向し、72年ミュンヘン五輪出場。同年10月に全日本プロレス入団。84年2月にニック・ボックウィンクルを破り、日本人初のAWA世界ヘビー級王座奪取。89年4月、インターナショナル、UN、PWFの三冠ヘビー級王座を統一。95年に筑波大大学院体育研究科合格。慶大、中大などで非常勤講師、米ポートランド大で教授を務めた。肝臓を患い、2000年5月13日、フィリピンの病院で移植手術中に亡くなった。享年49。

 ◆小佐野 景浩(おさの・かげひろ)1961年9月5日、横浜市生まれ。58歳。中大時代に日本スポーツ出版社「月刊ゴング」「別冊ゴング」の編集スタッフになり、83年に入社。94年に「週刊ゴング」編集長に就任。同社出版担当執行役員を経て04年に退社し、フリーに。著書は同社時代に「SWSの幻想と実像」(99年)、「昭和プロレス維新」(00年)、「天龍同盟十五年闘争」(02年)の3部作、17年に「プロレス秘史1972―1999」(徳間書店)を出版。

没後20年となる13日に発売される「永遠の最強王者 ジャンボ鶴田」を持つ著者の「週刊ゴング」元編集長・小佐野景浩さん
トレードマークの「オー!」ポーズを決める現役時代のジャンボ鶴田さん
すべての写真を見る 2枚

コラムでHo!とは?
 スポーツ報知のwebサイト限定コラムです。最前線で取材する記者が、紙面では書き切れなかった裏話や、今話題となっている旬な出来事を深く掘り下げてお届けします。皆さんを「ほーっ!」とうならせるようなコラムを目指して日々配信しますので、どうぞお楽しみください。

格闘技

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請