ジャンボ鶴田さん没後20年の命日に“最強説”出版…元週刊ゴング編集長・小佐野景浩さん「永遠の最強王者―」

没後20年となる13日に発売される「永遠の最強王者 ジャンボ鶴田」を持つ著者の「週刊ゴング」元編集長・小佐野景浩さん
没後20年となる13日に発売される「永遠の最強王者 ジャンボ鶴田」を持つ著者の「週刊ゴング」元編集長・小佐野景浩さん

 初代三冠ヘビー級王者のジャンボ鶴田さん(享年49)が2000年5月13日に亡くなって今年で20年になる。全日本プロレスでは毎年、5月の東京・後楽園ホール大会でジャンボ鶴田メモリアルマッチを行ってきたが、今年は新型コロナウイルスの感染拡大の影響で中止に。鶴田さんの命日の13日に「永遠の最強王者 ジャンボ鶴田」(ワニブックス、1800円+税)を出版する元「週刊ゴング」編集長の小佐野景浩さん(58)に今でも根強い「鶴田最強説」について聞いた。

 ジャンボ鶴田さんが亡くなって20年になる。本来ならばこの鶴田本も没後20年メモリアルマッチの会場で売られるはずだったが、ファンは自宅で読んで追悼するしかない。CS「全日本プロレス中継」の解説を務めている筆者の小佐野さんは「現在は無観客のテレビマッチ限定になってますが、放送席で見ていて、選手のモチベーションはむしろ上がってますよ」と言い、同じ中大出身の現三冠王者・諏訪魔(43)らが、鶴田さんから受け継がれた全日本のリングを守っている。

 「鶴田さんは、天才だとか無尽蔵のスタミナだとか、“日本人レスラー最強説”が根強いんですが、なぜ日本マット界のナンバーワンになれなかったのか。それを誰も解き明かしてこなかったんです」。80年に記者として出会ってからの20年に及ぶ取材の蓄積、資料の検証、そして新たに兄・恒良さん(70)、レスリング関係者、天龍源一郎(70)、長州力(68)らプロレスラーへの取材を重ね、3年かけて592ページの分厚い一冊に仕上げた。

 まずは、本人が自伝などで語ってきたサクセスストーリーの検証。誇張されがちなプロレスラーの伝説を否定しかねないところまで踏み込んでいるのは、鶴田さんとの信頼関係があってこそだろう。レスリング時代の実力について「すごかったところだとか、ウィークポイントだとか、長州さんたちレスリング関係者が語ってくれたのは収穫でした」。昨年に完全引退した長州は、ツイッターなどであけすけなキャラを出し始めているが、そんな今だからこそ鶴田論を引き出せた。取材者としての嗅覚はさすがだ。

 「確かに礼賛ばかりになってないかもしれません。クーデター未遂事件やジャイアント馬場さんとの関係のことも書かせていただいた」と裏面史をしっかり押さえている。“熱血プロレスティーチャー”との異名を持つ小佐野さんは「馬場は天龍、三沢(光晴)にはピンフォールを許したが、鶴田にはついに一度も負けなかった」という事実も紹介している。

 「鶴田さんは、プライドが高かったんですよ。熱くなるのはカッコ悪い、努力したというのはカッコ悪い。『銀座で酒を飲んでるのが偉いわけじゃない』なんて言ってましたから。天龍さんは『今を生きる』人だったけど、鶴田さんは引退後の『明日のために』生きていた。誤算だったのはまさか49歳で亡くなってしまったことなんです」。この本のサブタイトルは「普通の人でいたかった怪物」。そこに“最強説”が集約されているような気がした。(酒井 隆之)

 ◆小佐野 景浩(おさの・かげひろ)1961年9月5日、横浜市生まれ。58歳。中大時代に日本スポーツ出版社「月刊ゴング」「別冊ゴング」の編集スタッフになり、83年に入社。94年に「週刊ゴング」編集長に就任。同社出版担当執行役員を経て04年に退社し、フリーに。著書は同社時代に「SWSの幻想と実像」(99年)、「昭和プロレス維新」(00年)、「天龍同盟十五年闘争」(02年)の3部作、17年に「プロレス秘史1972―1999」(徳間書店)を出版。プロレス専門誌「Gスピリッツ」(辰巳出版)の主力ライター。

 ◆ジャンボ鶴田 本名・鶴田友美(つるた・ともみ)。1951年3月25日、山梨県生まれ。日川高バスケットボール部から、中大でレスリングに転向し、72年ミュンヘン五輪出場。同年10月に全日本プロレス入団。84年2月にニック・ボックウィンクルを破り、日本人初のAWA世界ヘビー級王座奪取。89年4月、インターナショナル、UN、PWFの三冠ヘビー級王座を統一。95年に筑波大大学院体育研究科合格。慶大、中大などで非常勤講師、米ポートランド大で教授を務めた。肝臓を患い、2000年5月13日、フィリピンの病院で移植手術中に亡くなった。享年49。

格闘技

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請