【京都新聞杯】5億8000万円の断然1番人気アドマイヤビルゴは4着 藤岡康「申し訳ありません」

スポーツ報知
京都新聞杯で4着に敗れたアドマイヤビルゴ(カメラ・高橋 由二)

 ◆第68回京都新聞杯・G2(5月9日、京都競馬場・芝2200メートル、良)

 3歳の牡馬13頭で争われ、和田竜二騎手が騎乗した4番人気のディープボンド(栗東・大久保龍志厩舎)がゴール前の叩き合いを制して重賞初Vを飾った。同馬の父キズナは、2013年の同レースを勝って日本ダービーを制覇している。皐月賞10着からの巻き返しを果たし、偉大な父に続くか。勝ち時計は2分11秒7。

 首差の2着は3番人気のマンオブスピリット(北村友一騎手)、3着は2番人気のファルコニア(川田将雅騎手)。2017年のセレクトセール(当歳)で5億8000万円の高値で取引された単勝1・4倍と圧倒的な1番人気に推されたアドマイヤビルゴ(藤岡康太騎手)は4着に敗れた。

 藤岡康太騎手(アドマイヤビルゴ=4着)「落ち着いて、スタートは上手に出ました。最初のコーナーまでは力んでいたけど、そのあとは折り合って運べました。4コーナーでスッと反応してくれたけど、そこからもう1ギア、上がらないままでした。これだけの人気を背負っていたのに申し訳ありません」

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×