競輪選手会富山支部が地元の病院に100万円寄付

寄付した宮越大支部長(左)
寄付した宮越大支部長(左)

 日本競輪選手会富山支部が8日、新型コロナウイルス感染症対策支援として、富山市民病院に100万円を寄付した。

 代表として登壇した宮越大支部長は「普段、地域の医療従事者の皆様のお支えがあってこそ、私たち競輪選手は安心して競走や練習に臨むことができます。そうした感謝と応援の気持ちを伝えるために、地元競輪選手の総意として今回の寄付を行うことを決めました」と話した。

ギャンブル

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請