【ソフトバンク】野球教室、ミーティング、球場メシ宅配、インスタ…オンラインでファンサービス続々展開 球界に吹く新しい風

オンラインでファンミーティングを行ったソフトバンクの柳田(球団提供)
オンラインでファンミーティングを行ったソフトバンクの柳田(球団提供)

 緊急事態宣言が5月31日まで延期され、外出自粛が続く。開幕日も見えず、球音が響くことのない日々。そんななか、自宅待機を余儀なくされるプロ野球ファンのため各球団が、様々な手法でファンサービスを行っている。ソフトバンクは「今年は新たな“挑戦”をする年」と球団関係者が位置付けるように、WEBやSNSなどを使い、新たな可能性を模索している。

 3月下旬の開幕延期を受け「おうちでサァイコー!」プロジェクトを開始したソフトバンク。5月5日に「スペシャル編」としてWEB上で野球教室も開催された「おうちで工藤塾」には、指揮官とともに和田や東浜ら主力投手も登場した。球団公式ユーチューブで、ボールの正しい握り方や、制球の付け方などをレクチャーしている。

 また、週1回程度、球団公式ツイッターなどで、参加者を募集し、オンライン上で選手と質疑応答ができるファンミーティングも開催。松田宣、柳田ら主力が続々と登場し、和田の回では台湾のファンも参加するなど、ネットワークの広がりを見せた。宅配可能エリアは限られてはいるが、4月下旬からはウーバーイーツを利用し、ペイペイDで販売している食事を注文できるようにもなった。通常通りシーズンが開幕していたら実施されなかったであろう、これらの試み。球団もいろいろなアイデアを出し、新しいファンサービスを開拓しようとしている。

 選手も個々で努力している。内川らがインスタグラムのライブ配信でファンと交流。子供の虐待を防止する「オレンジリボン活動」を行う千賀は、自身のチャリティー活動の「輪を広げたい」と自身のインスタグラムを開始し交流の場を設けた。本来ならオープン戦が行われる3月に、無観客での練習試合を経験。満員に埋まったスタンド、ファンの歓声。当たり前だと思っていたものの「ありがたさ」を選手たちが感じたからこそ、それぞれがファンに“恩返し”しようとしている。

 新型コロナウイルスが収束し開幕したとしても、当初は無観客での試合が想定される。球場に足を運べないファンのため、今のようなファンとの交流は、続けて欲しい。こんな苦境だからこそ、球界に新しい風が吹き始めたと感じている。(記者コラム・戸田 和彦)

コラムでHo!とは?
 スポーツ報知のwebサイト限定コラムです。最前線で取材する記者が、紙面では書き切れなかった裏話や、今話題となっている旬な出来事を深く掘り下げてお届けします。皆さんを「ほーっ!」とうならせるようなコラムを目指して日々配信しますので、どうぞお楽しみください。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請