市川染五郎はおうち時間も「あっという間に過ぎる」…愛犬に夢中

珍しく髪を染めた松本幸四郎(左)と愛犬ニッキーを抱く市川染五郎
珍しく髪を染めた松本幸四郎(左)と愛犬ニッキーを抱く市川染五郎

 2月末から新型コロナウイルスの影響で公演が途絶えている歌舞伎界。松本幸四郎(47)、市川染五郎(15)親子はどうしているのか。

 4月に念願だった犬を飼い始めました。ラブラドルレトリバーの子犬。歌舞伎で好きな役のひとつが仁木弾正(にっきだんじょう)。なので「ニッキー」と名付けました。妖術で鼠(ねずみ)に変身したりする役なので、父には「鼠じゃなくてこれは犬だよ?」と突っ込まれましたが。かわいくて一緒にいるとあっという間に時間が過ぎますね。

 春に高校生になりました。苦手な数学も頑張る、などと話したこともありましたが、今は学校から送られてくる課題に沿って勉強も一応それなりにやっています。

 またこんなときにしか出来ないかも、と思い母の家事の手伝いも始めました。最近、料理のおもしろさに目覚めつつあります。先日は鶏肉のマスタード焼きに挑戦。時間を無駄にせず新鮮な気持ちで過ごしたいと思っています。

 ◆市川 染五郎(いちかわ・そめごろう)2005年3月27日、東京都生まれ。15歳。10代目松本幸四郎の長男。09年4代目松本金太郎、18年8代目市川染五郎を襲名。声優として初映画で初主演したアニメ「サイダーのように言葉が湧き上がる」は近日公開予定。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請