大相撲夏場所中止へ、緊急事態宣言延長方向で4日にも決断…11年八百長問題以来3度目 

両国国技館正面の閉じられた入り口の奥には、開催に備え白鵬(右)と鶴竜のパネルが置かれていたが夏場所は中止の方向へ検討されることになった
両国国技館正面の閉じられた入り口の奥には、開催に備え白鵬(右)と鶴竜のパネルが置かれていたが夏場所は中止の方向へ検討されることになった
夏場所中止へ向け判断を検討する八角理事長
夏場所中止へ向け判断を検討する八角理事長
春場所以降のスケジュール
春場所以降のスケジュール

 日本相撲協会が新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、24日に初日を予定していた大相撲夏場所(両国国技館)を中止することが3日、決定的になった。相撲協会は開催可否について、政府の要請に沿って対応するとしている。既に夏場所初日を2週間延期する措置を取っていたが、緊急事態宣言が31日まで延長される方向となり、実施は厳しくなった。4日の延長表明を受け、電話などでの持ち回り理事会を経て正式決定する見込み。本場所中止となれば、八百長問題に揺れた2011年春場所以来、9年ぶり3度目となる。

 新型コロナ禍で、夏場所が無念の中止となりそうだ。複数の関係者によると4日に、6日期限の緊急事態宣言が31日まで延長されることを受け、相撲協会が持ち回り理事会で正式決定する見込み。本場所が中止となれば、八百長問題に揺れた11年以来、3度目となる。

 3月の春場所は史上初の無観客で開催。協会員に感染者が出れば打ち切りの方針だったが、15日間を乗り切った。それだけに、夏場所を2週間延期し、2場所連続の無観客も視野に開催の可能性を慎重に探ってきた。だが、政府の緊急事態宣言は解除されず、24日が初日の開催期間と重なったことで、中止は避けられない状況になっていた。

 角界を取り巻く状況も悪化した。3日までに、高田川親方(元関脇・安芸乃島)、弟子の十両・白鷹山ら協会員計7人の感染が判明。先月10日に初の陽性が明らかになった幕下以下力士1人は、回復傾向にあるものの、現在も入院中だという。原則的に相撲部屋は団体生活で、集団感染への不安が一層強まっていた。

 濃厚接触回避に、自粛中のぶつかり稽古や申し合いなど実戦的な稽古再開の時期も不透明だ。命懸けで本場所土俵に上がる力士に、十分な準備期間を用意するのも困難。ある協会幹部は「春場所の時とは状況がかなり違う。協会内で感染者も出たし、夏場所の開催は絶望的だ」と明かした。

 同じく2週間延期されている名古屋場所(7月19日初日・ドルフィンズアリーナ)への影響も心配される。力士らが場所前、都内近郊から大移動することでの感染リスクも否定できない。協会内には、今後の状況次第では東京開催に変更する案も浮上しているという。

 プロ野球の開幕や、Jリーグ再開は延期が続き、全国高校総体(インターハイ)は史上初の中止。日本中のスポーツが自粛を余儀なくされる中、ある協会関係者は「相撲だけ行って批判が高まるのは良くない。早く方針を決めた方がいい」と世情に気をもんでいた。

 協会は公益財団法人として、政府の要請に沿って対応していく方針は大前提。この日までに水面下で様々な意見交換をしてきたとみられ、協会員約900人の未来を守る決断に至った。

 ◆過去の大相撲本場所中止 1946年6月に予定されていた夏場所(当時は年2場所)は、太平洋戦争の戦災により、旧両国国技館の改修が遅れ中止に。また2011年春場所は八百長メール問題に揺れ、不祥事では初の中止となった。本場所の中止はこの2例。

 ◆春場所からの新型コロナウイルスに関する経過

 ▼3月1日 臨時理事会で春場所の無観客開催を決定。8日が初日

 ▼16日 幕内・千代丸(九重)が力士初のPCR検査を受け、翌17日に陰性が判明した

 ▼22日 春場所が千秋楽を迎え15日間の日程が終了。場所後に朝乃山が新大関に

 ▼4月3日 臨時理事会で夏、名古屋場所の初日2週間延期を決定

 ▼7日 政府の緊急事態宣言発令

 ▼10日 8日に発熱などを訴えて入院していた幕下以下力士1人が角界初の陽性と発表される

 ▼13日 協会が各部屋に、接触を伴うぶつかり稽古などの自粛を通達

 ▼25日 高田川親方、白鷹山ら計6人の陽性を発表

 ▼30日 高田川親方ら6人が退院

 ▼5月1日 安倍晋三首相が緊急事態宣言延長を4日に決める意向を表明

両国国技館正面の閉じられた入り口の奥には、開催に備え白鵬(右)と鶴竜のパネルが置かれていたが夏場所は中止の方向へ検討されることになった
夏場所中止へ向け判断を検討する八角理事長
春場所以降のスケジュール
すべての写真を見る 3枚

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請