桑田佳祐、ラジオで「ステイホーム ブルース」披露 「もう少し自粛を頑張りましょう」と呼びかけ

桑田佳祐
桑田佳祐

 サザンオールスターズの桑田佳祐(64)が2日、レギュラー番組のTOKYO FM「桑田佳祐のやさしい夜遊び」(後11時)に生出演し、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う自粛要請、ステイホームをテーマにした楽曲を披露した。

 番組後半、桑田は「コロナ禍を歌にしたブルース」と説明。曲名は「ステイホーム ブルース(仮)」で、この日の午後2時頃から制作した。「もう少し皆さんね、自粛を頑張りましょうよ」と呼びかけた。

 「出来ることからスローにちょっとずつ~今わたしたちに出来ることを一緒に考えよう!」をテーマに放送。桑田も“ステイホーム”し、リモート出演。「これまでの人生を振り返ったりですね。これまでを振り返ったり、見つめ直したり、何とか努めて明るく過ごそうとしております」と近況を語った。

 リスナーのリクエストに応え、サザンの「東京VICTORY」をオンエア。来年に延期された東京オリンピックの民放共同企画「一緒にやろう2020」の応援ソング「SMILE~晴れ渡る空のように~」を歌うが、「『東京VICTORY』がかかったから言うわけではないですけど、負け戦には絶対にしないからね!任せてよ」と熱く語った。

 「ステイホーム ブルース(仮)」の歌詞は以下の通り。

 我々は今日も 大変な時代を生きている

 我々は今日も 不安な時代を生きている

 治療薬もワクチンもないコロナ こんな時こそ おうちにいましょう

 我々は共に この難局を乗り越えよう

 我々は共に この試練を乗り越えよう

 医療現場はもうギリギリ だから今だけ 外に出ないで

 「休め」と言われて 生活の保障はどうなるの

 「自粛しろ」と言われて 仕事や従業員はどうなるの

 納税者は お国のために頑張ってきた 誰のために未来はあるの

 早く検査してほしい 症状の出ない僕たちも

 早く検査してほしい 人に感染させないうちに

 こういうのはスピーディーにやろう

 もし陰性だったら それはそれで その方たちは経済をまわす方の力になれるかもしれないもんね なんてね

 我々は今日も 大変な時代を生きている

 我々は共に 不安な時代を乗り越えよう

 治療薬もワクチンもないコロナ いつか笑顔になろうぜ

 ステイホーム

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請