神奈川県黒岩知事の緊急速報メールにネット炎上…「短絡的に緊急速報流さないで」「こんな事よりもっと他にやるべき対策が」

スポーツ報知
黒岩祐治知事

 神奈川県の黒岩祐治知事は2日午前、神奈川県が外出自粛を求める緊急速報メールを配信した。

 メールは午前10時ごろ配信され、「緊急速報 神奈川県知事 緊急メッセージ GWはがまんのウイークです。今日から大型連休後半の5連休。ふるさとへの帰省をはじめ、家族や友人と観光やレジャーなどを楽しむ絶好の季節ですが、今年だけは違います。今は神奈川に来ないでください。今は神奈川から出ないでください。そして、今はできるだけ家にいてください。外出自粛の徹底をお願いします。神奈川県知事黒岩祐治(神奈川県)」とのメッセージが書かれていた。

 エリアメールと呼ばれる「緊急速報メール」は、災害などで国や自治体から出される気象警報や避難の情報を対象地域の利用者に一斉に知らせるサービスで、これまでは自然災害や弾道ミサイルなどに関する情報が対象だった。

 ただ、NTTドコモ、auのKDDI、ソフトバンク、楽天の携帯電話各社は1日から、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて法律に基づいて自治体が出す外出自粛の要請も対象に加えることを決めていた。

 黒岩知事は、これに基づいて外出自粛を求める緊急速報メールを配信したが、神奈川県内だけでなく東京の町田市、大田区など県外のエリアにも届いた。黒岩知事が1日に更新した最新のツイッターのコメント欄には「緊急速報って音量調節出来ず、爆音と共に届くことをご存知ですか?夜勤の医療従事者さん達が何人も叩き起こされましたよね、きっと。そしてこれに懲りて緊急速報をオフにする人が続出したらどういう事か起こるか想像できます?」。「夜の仕事の方もいます。皆んな自粛はしています。さらに追い討ちでのこの通知は精神的にストレスになります。泣きたくなります。もう少し考えて下さい。お願い致します」。「横浜市民です。県知事も市長もコロナに関する情報開示・伝達方法を改善してください。地元メディアのSNSからが一番早く正確な情報が伝わってきます。短絡的に緊急速報流さないで。ガマンウィーク、コロナファイター、神奈川モデル等キャッチーな言葉は要らない。実行、実行、実行でお願いいします」。「自粛の呼び掛けに緊急メッセージはご遠慮願いたいです。心臓を患っています」。「(不急の)緊急速報メールにびっくりしてスマホ(ケースは付けてた)を落としてしまい画面にヒビが入ってしまいました母は大事にしてたグラスを割ってしまったみたいです」。「本当にうるさかったです。地震かと思ってびっくりしました。こんな事よりも、もっと他にやるべき対策があると思います。周りの誰も止めなかったんでしょうか?いつも県民をがっかりさせてばかりでいい加減にして下さい」などの批判の声が書き込まれていた。

 ツイッタートレンドでは「緊急速報」が1位になる事態となった。ITジャーナリスト三上洋氏は「気持ちはわかるが災害と同じ緊急速報で入れるのはやめて。大音量でサイレン鳴るんだから」とツイート。さらに相模原市議会の田所健太郎議員は「緊急速報が鳴り響き、『えっ、災害が起きたか?避難勧告か?』と身構えたら、知事からのメッセージ。内容は理解するが、この緊急速報の仕組みの活用は、避難勧告や避難指示などのときに限るべきではないか」とツイートし疑問を投げかけた。

 こうした炎上状態に、神奈川県くらし安全防災局災害対策課は公式ツイッターで「本日10時に送信した緊急速報メールは、コロナウイルス感染症防止のため、家にいていただくことをお願いしたものです」と説明していた。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請